ホーム > 書籍詳細:石の虚塔―発見と捏造、考古学に憑かれた男たち―

岩宿遺跡から旧石器発掘捏造事件まで、石に魅せられた者たちの天国と地獄。

石の虚塔―発見と捏造、考古学に憑かれた男たち―

上原善広/著

1,620円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2014/08/12

読み仮名 イシノキョトウハッケントネツゾウコウコガクニトリツカレタオトコタチ
雑誌から生まれた本 新潮45から生まれた本
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 287ページ
ISBN 978-4-10-336251-7
C-CODE 0095
ジャンル 考古学
定価 1,620円
電子書籍 価格 1,296円
電子書籍 配信開始日 2015/02/20

「世紀の発見」と言われた岩宿遺跡を発掘した在野の研究家、相澤忠洋。「旧石器の神様」と呼ばれ、相澤を支えた気鋭の考古学者、芹沢長介。二人の歴史を塗り変える「新発見」に、巻き起こる学術論争、学閥抗争、誹謗中傷――彼らに続いた藤村新一の「神の手」は、学界を更なる迷宮に。日本のルーツを巡る考古学界の裏面史を壮大に描く。

著者プロフィール

上原善広 ウエハラ・ヨシヒロ

1973(昭和48)年、大阪府生まれ。大阪体育大学卒業後、ノンフィション作家となる。2010(平成22)年、『日本の路地を旅する』(文春文庫)で大宅壮一ノンフィクション賞受賞。2012年、第18回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞大賞受賞。2017年、『一投に賭ける 溝口和洋、最後の無頼派アスリート』(角川書店)で第27回ミズノスポーツライター賞優秀賞受賞。主な著書に『異邦人 世界の辺境を旅する』(文春文庫)、『被差別の食卓』『被差別のグルメ』『異形の日本人』(いずれも新潮新書)、『私家版 差別語辞典』(新潮選書)、『発掘狂騒史「岩宿」から「神の手」まで』(新潮文庫)、『カナダ 歴史街道をゆく』(文藝春秋)など多数。

ブログ「全身ノンフィクション作家」 (外部リンク)

書評

波 2014年9月号より 文学にまで昇華された日本考古学史

増田俊也

二〇〇〇(平成十二)年、日本中を驚かせた毎日新聞の大スクープ、あの旧石器捏造事件にまで至る、日本の考古学史を追ったノンフィクションである。
題材を聞いたとき、私は嫌な気がした。あの事件に関わって人生を棒にふった人たちの傷口に塩を塗るような内容を予想したからである。歴史的事件で大失態をおかした人物を追ったノンフィクションは、そのほとんどがスキャンダリズムに堕し、苦しむ人たちを詮索し、ぎりぎりまで追い詰められている人びとをさらに鞭打つ内容のものばかりである。
しかし読みはじめてすぐにその心配は杞憂だとわかった。
あの上原善広である。弱者の側に立ち、ともに涙を流し、血を流しながら書き続けてきた上原である。
上原善広はこのアカデミズム史上類のない大事件を、藤村新一だけの問題にはしなかった。“主役”である藤村は序章で触れられたあと二百ページほどまったく登場せず、最後の最後、最終章近くになってやっと出てくるのだ。ピンポイントで解説しようとせず、来歴を遡って、日本の考古学界の源流、つまり藤村新一の師匠たちの人生から物語を紡ぎだす。この書は事実を書き起こしたただの事件物ノンフィクションではない。日本考古学界の流れとあの事件への流れを、第二次大戦による国民の貧困を挟んで描く歴史書であり、一方で人間が自らでは御しきれない運命の悲喜劇を描き、生そのものを私たちに提示する。
日本の戦後考古学は、明治大学からの大きな流れを源流のひとつとする。その明大考古学教室で本格的勉強を始めたばかりの芹沢長介のもとに石器が持ち込まれたのは一九四九(昭和二十四)年のことだ。物語はここから始まる。石器を持ち込んだその人こそ、在野の天才考古学者、若き日の相澤忠洋であった。
芹沢長介――後に“旧石器の神様”とよばれるようになる伝説的な考古学者だ。だが、このとき二十九歳だった芹沢は明大の一学生でしかなかった。幼少の頃から考古学を志して活動していたが重い肺結核で入退院を繰り返していたため、明大に入学したのは二十七歳、苦労人であった。在野で考古学を実践する相澤忠洋もまた戦前の尋常小学校夜間部を出ただけの苦労人だった。この出会いが岩宿遺跡発掘というそれまでは否定し続けられていた旧石器時代の存在を証明する歴史的な発掘に繋がった。
しかしこの遺跡発掘は芹沢の師匠である明大考古学教室教授の杉原荘介の手柄となる。芹沢長介はこの師匠と反目、後に明大講師となったが研究室を追い出され、東北大学に職を得てそこを拠点に師匠と張り合い、確執が大きくなっていく。
藤村新一は、東北大学の芹沢長介教授に見いだされて力を発揮していき、芹沢教授を慕するあまり、そしてかつて芹沢に見いだされた“先輩”である相澤忠洋の在野の栄光に自らの将来を重ね憧れ、いつのまにか発掘捏造に手を染めてしまうのである。
この明大の杉原荘介教授VS東北大の芹沢長介教授の確執の流れを描きながら、関わった多くの人たちを横糸に、二〇〇〇年の旧石器捏造事件への伏線が描かれていく。ときに「こんなことまで触れる必要があるのだろうか」と思えるほどに。杉原教授と芹沢教授の軋轢に翻弄される人たちのこと。相澤の最初の妻とのことや二人目の妻とのこと。微に入り細に入り描いていく。著者にとってこれらのエピソードは「こんなこと」という些末な枝葉ではないのだ。あの事件を語るに、どうしても書く必要があった。
結果、この作品は複層的に深みを増し、ただの事件物ノンフィクションの域を超え、文学にまで昇華された。
過去を辿り、そのときどきに堆積した細かな事実を積み重ねて立証していくノンフィクションの執筆作業は、深い地層を掘って長いあいだ眠っていた石器や土器を並べて年表を作り、過去を検証していく考古学に似ている。
この書は失敗者を描くが、斃れた彼の顔を靴底で踏みつけたりはしない。通底して流れるのは、ほんとうに彼が悪いのか、彼だけがわるいのかという著者の人間愛に満ちた眼差しである。上原善広は、人間を描ききる作業は書き手の眼差しによって救済文学にもなりスキャンダルにもなることを証明した。事件を起こした藤村だけではなく、この書に登場するあらゆる人びとに差し伸べられた上原の手はとことん人間的だ。読者は上原のその掌の温かみを頬に受けながら本書を読み終え、上原文学の新たな到達点に魂を揺すぶられるのである。

(ますだ・としなり 作家)

目次

序章 オレたちの神様
第一章 岩宿の発見
日本人のルーツ発見/「考古ボーイ」たち/芹沢と相澤の出会い/それまでの旧石器研究/「明石原人」を巡る論争/相澤のライバル/始まった世紀の発掘/周囲の冷淡な目
第二章 人間・相澤忠洋
旅芸人の息子として/初めて手にした石器/離散した家族/母との再会/父としての相澤忠洋/亡き先妻へのオマージュ
第三章 芹沢長介と登呂の鬼
染色家の父/病との闘い/登呂の鬼/火の杉原、水の芹沢/「岩宿の発見」は誰のものか?/杉原vs芹沢
第四章 前期旧石器狂騒
「この恨みは一生忘れないぞ」/考古学は博打か/人類の起源/芹沢の苦悩/師弟対決/岩宿の再発掘調査/晩年の相澤
第五章 孤立する芹沢
層位は型式に優先する/こだわりの写真撮影/芹沢の愛弟子たち/本当の敵は誰か/孤立する神様
第六章 暴かれる神の手
虚実ない交ぜの男/「出たどーッ」/神の手への疑問/考古学における日仏の差/化学検査では「OK」/無視された藤村批判論文/動き始めた取材チーム/検証委員会は何をしたのか
最終章 神々の黄昏
相澤忠洋になろうとした男/道化師よ、衣装をつけろ/旧石器の神様の最期
あとがき
参考文献一覧

判型違い(文庫)

感想を送る

新刊お知らせメール

上原善広
登録する
考古学
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

石の虚塔―発見と捏造、考古学に憑かれた男たち―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

石の虚塔―発見と捏造、考古学に憑かれた男たち―

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!