ホーム > 書籍詳細:消えない月

どうすれば、気持ちが伝わるのだろう?
出会ったことは、運命だったのか?
この感情は、恋なのか、ストーカーなのか――。

消えない月

畑野智美/著

1,944円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2017/09/22

読み仮名 キエナイツキ
装幀 中島梨絵/装画、新潮社装幀室/装幀
雑誌から生まれた本 yom yomから生まれた本
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 358ページ
ISBN 978-4-10-339482-2
C-CODE 0093
ジャンル 文学・評論
定価 1,944円

なぜ、さくらは、僕から離れようとするのだろう。どうして、松原さんは、別れてくれないの。婚約までした二人の関係は、はじめから狂っていたのかもしれない――。緊張感に満ちた文体で、加害者と被害者、ふたつの視点から「ストーカー」を描いた価値観を揺さぶる衝撃作。本から顔を上げた時、あなたは「愛」を信じられなくなる。

著者プロフィール

畑野智美 ハタノ・トモミ

1979年東京都生まれ。東京女学館短期大学国際文化学科卒。2010年「国道沿いのファミレス」で第23回小説すばる新人賞を受賞。2013年に『海の見える街』で、2014年には『南部芸能事務所』で吉川英治文学新人賞の候補となる。2015年に刊行した『感情8号線』は、2017年にドラマ化された。他の著書に『夏のバスプール』『みんなの秘密』『罪のあとさき』『タイムマシンでは、行けない明日』『家と庭』、「南部芸能事務所」シリーズなどがある。恋愛小説、家族小説、SF、犯罪小説などさまざまなジャンルに挑戦しつづける最注目の女性作家。人間の感情を的確に切りとり、言葉で表現する力には定評がある。『消えない月』では、被害者の女性、加害者の男性、ふたつの視点から「ストーカー」の核心に斬り込んだ。

感想を送る

新刊お知らせメール

畑野智美
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類