コロシタイソバヤ
殺したい蕎麦屋


椎名誠


蹴飛ばしたい店。抱きしめたい犬。人生の時を振りかえる発作的感情旅行。

何故、かくも憎むのか? 何故、かくも愛するのか? 後ろ足で蹴りたいエラソーな店。噂話と悪口が好きな奴。世界の奇食珍食。懐かしの飼犬たち。辺境旅。クルマで近場旅。焚き火。格闘技。寝る前に読む本……。シーナを作りあげてきたモノをめぐる怒りと笑い、好奇心と追憶が縦横無尽に炸裂する極私的感情文集。

発行形態 : 書籍
判型 : 四六判変型
頁数 : 248ページ
ISBN : 978-4-10-345622-3
C-CODE : 0095
ジャンル : 文学
エッセイ
発売日 : 2013/12/20

立ち読み
立ち読み

書評
書評/対談

雑誌から生まれた本
yom yomから生まれた本

1,512円(定価) 購入


プロフィール 目次 感想を送る

椎名誠
シイナ・マコト

1944(昭和19)年、東京生れ。作家、写真家。私小説、SF小説、随筆、紀行文、写真集など、幅広く作品を手がける。『さらば国分寺書店のオババ』でデビュー。著書に、『犬の系譜』(吉川英治文学新人賞)『岳物語』などの自伝的小説、『アド・バード』(日本SF大賞)『武装島田倉庫』などのSF作品、「わしらは怪しい探険隊」「わしらは怪しい雑魚釣り隊」シリーズなどの紀行エッセイ、『全日本食えば食える図鑑』『国境越え』などの写文集が多数。近著に『三匹のかいじゅう』がある。

はじめに

さらば愛しき犬たちよ
辺境の食卓
殺したい蕎麦屋
“本場”と“本格”には気をつけよう
好きなもの
なくていいもの
ぼくの駆け出し時代
貧しい人間
仕事うた
夏だ あらしだ、うっちゃりだ

* *
高野山を行く
いい旅を――といつも思っていた
クルマで見にいく風景
大洗、なにかと逆上旅/よろこびの海浜春キャンプ/トンネル妄想ドライブ/黄金街道をいく/クルマ社会・日本のレベル/ハザード会話/強くて賢い母さんのような/多機能という軽薄と無駄/クルマの強さと品格/愛と恫喝――ナゾの交通標語/ガイコツ車に感動した/北海道トラック貧困旅/空飛ぶ未来自動車
飛び跳ねる猛禽類 ムエタイ
* * *
犬が喋る時
かごむ
倦怠俳句
一枚の写真、妻のヒトコト――嫌になった、そのときに
最初の原稿料
熱気と喪失の町
黄金時代に暮らしていた
ことばと話の技術
消える本箱
たぬきとたねきのあいだ
あとがき

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

椎名誠 登録


エッセイ 登録


他の条件で登録する



ページの先頭へ戻る