ホーム > 書籍詳細:「思わず見ちゃう」のつくりかた―心をつかむ17の「子ども力」―

「大人の事情」からヒットは生まれない!

「思わず見ちゃう」のつくりかた―心をつかむ17の「子ども力」―

ラッキィ池田/著

1,296円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2017/06/30

読み仮名 オモワズミチャウノツクリカタココロヲツカムジュウシチノコドモリョク
装幀 ホビーセンターカトー東京/カバー撮影協力、広瀬達郎(新潮社写真部)/撮影、新潮社装幀室/装幀
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 191ページ
ISBN 978-4-10-351061-1
C-CODE 0095
ジャンル 芸能・エンターテインメント
定価 1,296円

シュワちゃんの「ヤカン体操」から「ようかい体操第一」まで数々の大ブームを生み出し、振付師=ヒットメーカーの常識を作り上げたパイオニアが明かす、人の心を“踊らせる”発想のヒミツ。「欲望」「変身」「アマチュア」「自己中心」「おもしろがり」……心をつかむ天才たちに共通するキーワードは“子ども力”にあった。

著者プロフィール

ラッキィ池田 ラッキィ・イケダ

1959年生まれ。1980年代より独創的な発想の振り付けが各界の注目を浴び、これまでテレビ番組、CM、映画、舞台など数えきれない程の作品を手がける。近年はアニメ「妖怪ウォッチ」の「ようかい体操第一」「ゲラゲラポーのうた」が子どもたちに爆発的人気となる。2017年6月現在、NHK・Eテレ「いないいないばあっ!」「にほんごであそぼ」の振り付けをレギュラーで担当するほか、作詞、雑誌連載、吉本総合芸能学院(NSC)の講師など、多彩なシチュエーションで活躍する。

書評

「大人を経た子ども」になること

齋藤孝

 ラッキィ池田さんは、僕がお会いした中でもある意味もっとも「子どもらしい人」です。総合指導しているNHK・Eテレ「にほんごであそぼ」で14年ほど振付けを担当してくださっていますが、ラッキィさん自身が「子ども力」を持っているから、子どもたちが生き生きと踊れるダンスを作れるんです。
 ラッキィさんのダンスは、その場で湧き上がってきたイメージがそのまま動きになっているから、ムリに覚えようとしなくても体が自然に動いて、子どもたちが内側から楽しくなります。いろんなアイディアを詰め込んだ、伝統芸能の一流の人たちが出てくる番組のなかで、素直に真似して踊りたくなるユルさは幼児番組にいちばん大事な「生命感」を出してくれていて、貴重なものなんです。
 ラッキィさん自身も、いつでも柔らかくて上機嫌な人。いつもにこにこしながら頭にじょうろをのっけていて、それがよく似合っています。クリエイティブであることと、子ども的であることが、ラッキィさんの中ではイコールで結ばれている。それを存在自体で示している方なので、この本はラッキィさんがこれまでやってきたこと、自分のなかにあるいちばん大事なことを綴っているんだなと思いました。「子ども力」を広めるにあたって、ラッキィさんほどふさわしい人はいないと思います。
「子ども力」には、周りを気にしすぎないという良さがあります。本には「空気を読まない力」についても書かれていますが、会議などでも、空気を読みすぎて誰も意見を言わないのでは集まる意味がありませんよね。その時、「反対意見を言っても嫌われない人」というのがいて、自分の利益のためではなく、ただ純粋にそう思ったから言っているだけなんだと周りに思わせる人は、貴重な存在になれます。気を遣いすぎて消極的になるところは日本人の弱点ですから、私たちは「大人を弁証法的にくぐり抜けた子ども」を目指すのがいいと思うんです。子どもがあって、その否定が大人だとすれば、正・反・合で「大人を経た子ども」になるということです。
 この本を読むと、ラッキィさんの「子ども力」はダンスだけでなく発想自体から成り立っていて、それはいろんな人からいろんなことを学んで形作られているんだと分かります。毒蝮三太夫さんが永六輔さんに植木市での買い方を教えた話など、一回一回の出来事をちゃんと自分に生かしていて、この本全体がエピソード集になっているんです。読んでいて心に残る話が多く、「『釣りはいらねえからとっといて』って言うのが江戸っ子なんだよ」と、人に喋りたくなりますね。
 僕はこの本に出てくるニーチェの『ツァラトゥストラはこう言った』が好きで、大学の授業で学生と一緒に読んでいます。そこには「恐れないで自分自身を乗り越えていこう」、最終的には「子どもになろう」と書かれています。子どもには、目的から離れて「自分がやりたいから」何かをやってしまうというばかばかしさがある。たとえば、「口の中にビー玉を何個詰められるか詰めちゃう」とか……。しかしこれが、価値を生み出す根本的な運動なんです。この本の随所にニーチェが出てくるのを見て、「そうか、ラッキィさんは『子ども力』を本能的に身につけているだけでなく、ニーチェも味方につけていたのか」と楽しくなりました。
 たくさんのギャグを生み出した赤塚不二夫さんや、戦後のラジオ放送をおもしろくした永六輔さんなど、この本に書かれている人たちのようなクリエイティブな発想が、現代の仕事には必要だと思います。今の時代は、新しい価値を生み出さないと利益率が上がらない。そのための発想力が必要ですが、頭が固いと今までやってきたことを繰り返してしまうので、一度「子ども力」を爆発させることが必要なんです。
 わくわくする瞬間がある大人は、クリエイティブですよね。でも大人はその素直な気持ちを、練習しないと思い出せません。だから僕は講演会などで、参加者に立ってジャンプをしてもらい、拍手やハイタッチをしてもらうんです。一回体を動かすと、頭も動きやすい。オープンな体からオープンな心が生まれるんですね。
 ラッキィさんがやっていることは、殻ができて重くなっていく心の鎧を、そうやって取るお仕事だと思うんです。(談)

(さいとう・たかし 明治大学教授)
波 2017年7月号より

目次

はじめに
第1章 「子ども」に戻るステップ
子どもスイッチを押そう! すベては「欲望」から始まる
ワクワクできるスイッチ?/スイッチONのきっかけは「任されること」/「NO」を使わず思考する/子どもスイッチは時空を超える!?
おもちゃ一つで現実をファンタジーに変えちゃう!? 「想像」の力
「みんなと同じように踊る」必要なんてありません!/想像力があれば、現実だって塗り替えられる/麻里ちゃんに夢を見せ続けた関根勤さん/「大人の事情」を無視した「なんでもあり」が愛される
「徹底」的にバ力になれる! 人の目を気にしない強さ
徹底的に鍛えることで殻を破る/お笑いという「発明」を伝えるエネルギー/とにかく明るい安村は「元祖一発屋」!?/新しいスタイルを作った鬼龍院翔
「無目的」は爆発だ!
「損得抜き」の気持ちよさ/「太陽の塔」が放つ強烈な“違和感”の理由?/人と人も、「無目的」に繋がれる!
第2章 「子ども力」を仕事に生かす
昆虫のように「変身」できるとしたら
芋虫の頃の話はNGです!/僕を「ラッキィ池田」に変身させた鶴太郎さん/「変身」から新しい出会いがやってくる
AKB48は焼きそばメロンパン!? 「規格外」の発想が生み出すもの
子どもの会話は予測不能!/AKB48は「部品」のアイドルグループ?/「焼きそばメロンパン」に「折り紙」……規格外の子どもビジネス!/「前提」を外すと、思いもよらない価値が生まれる
「アマチュア」でなぜ悪い!
アマチュアとは「好きで好きでしょうがない人」/世の中がひっくり返るときは、競争にすらならない/ちくわ天やコロッケを乗せるそば屋? 園子温監督のキャスティング
アイデアとは夢みること「発明」を呼ぶ“源内病”
「夢の」ダンスコンテスト!?/基準を変えれば、新しいエンターテインメントが生まれる?/次々に発明したくなる“源内病”/「アイデアをやろう!」でギャグを生み出した赤塚不二夫
「ひとり」を守って頑固にあそぶ
「子どもっぽい」までに自分を貫く!/世界に誇るニッポンの頑固な職人技/「普通の仕事」で世界を魅了するダフト・パンク
第3章 大人に効く「子どもカ」
ニーチェとプロレス――「自己中心」だから強くなれる!
「子ども力」は「突破力」にもなる/ニーチェが教えてくれた「自己中心性」と「道徳」の関係/子どもの世界に「いじめ」はなくならない?/“強さ”のイメージを変えるプロレス
“エラー”に遭って「正義」に目覚める?
子どもの正義を呼び覚ますのは「ERROR」!?/「いいこと」ばかりで正義は育たない/当たり前が当たり前じゃないと気づいた世界一周の旅/正義を目覚めさせることが必要なわけ
人生、「ぐだぐだ」でいこう
大人こそダラダラしよう/笑いは百薬の長! 「マムちゃん寄席」で公開診療/振付師の仕事は、予想外の連続!?/思い通りにならない状況をどこまで楽しめる?
どんな言葉も生放送! 一回限りを「無邪気」に楽しむ
人生にリハーサルなし! な毒蝮三太夫さん/「生放送」だからドキドキできる
第4章 究極の「子ども」永六輔さんのヒミツ
なんでもすべらない話にしちゃう「おもしろがり」の秘訣
「初代・永六輔」のお話はみな新作落語!?/おもしろエピソードは「すべらない話」に仕上げる/「上手な方」より「おもしろい方」をとる!
ラジオで“見る”? 「感覚」から開ける世界
鳥が「見えない」んですけど……/車イスに乗って初めて分かる「点字ブロック、痛い!」/「5・7・5」でいろんな感覚を発見!
絶対に空気を読まない! 素直な「驚き」がニュースを生む
クライアントは「お客さん」ではない/久米宏さんの中継は視聴者との“真剣勝負”/誰がなんと言おうと、自分の驚いたことが「ニュース」!
「笑って」いれば戦争にならない
終戦で豹変した「大人」たち/つまらない「放送」は、絶対にしない/立川談志と「犬猿の仲」? 共演NGすら演出したエンタメ魂
おわりに

インタビュー/対談/エッセイ

ずっと新しいワクワクのほうが楽しい

ラッキィ池田ヒャダイン

テレビや音楽の世界で出会ったヒットメーカーたちの発想の秘訣を著書に綴ったラッキィ池田さんが、「今、もっとも刺激を受けている人」であるヒャダインさんと「ヒットの発想」をテーマにラカグで対談しました。

ラッキィ NHK仙台のキャラクター、やっぺぇのテーマソング「やっぺぇ!がんばっぺぇ!」の撮影でご一緒して以来ですね。曲をヒャダインさんが作って、僕が振り付けをして、一緒に踊ってね。お会いするのは仙台が初めてでしたが、これまでもいろんな作品でご一緒していたんですよね。
ヒャダイン エビ中(私立恵比寿中学)だけでも「金八DANCE MUSIC」をはじめ、2、3曲ありますよね。
ラッキィ 作曲活動がすごいよね! 有名なのはももいろクローバーZだけど、他にもAKBやって、でんぱ組.incもやって、エビ中も、ジャニーズも、超特急も、ボイメン(BOYS AND MEN)もやって。
ヒャダイン ボイメンは、最近ラッキィさんと一緒に新曲「帆を上げろ!」を担当させていただきましたよね。
ラッキィ 男女関係で例えると、不倫どころじゃないね! 僕もひどいけどね。広島カープの応援ダンスを作ってるけど、横浜DeNAのダンスもやってるから。
ヒャダイン 節操ないですね~(笑)。
ラッキィ それだけいろいろやっていると、ももクロはももクロらしくとか、グループごとに変えなきゃいけないというプレッシャーはあるでしょう?
ヒャダイン そのグループのメンバーの顔とか、テーマカラーを思い描きながらやると、けっこう大丈夫です。でも、この間作った作品をマネージャーに提出したら「4年前のエビ中の曲とまったくおんなじです」って言われて(笑)。
ラッキィ それ、あるよね!
ヒャダイン 一言一句、歌詞が一緒だったんです。
ラッキィ これは永六輔さんから聞いた話なんですが、岡本太郎さんを昔見かけて挨拶したら「フン」ってされて、無視されたらしいんです。こないだ仕事であんなに親しげに話したのに……と思って、今度は詳しく「どこどこでご一緒した」と話しかけると、岡本さんは「オレには過去はない!」と言い放ったそうです。
ヒャダイン あら~、難しいひと。
ラッキィ オレには過去はないって、すごくないですか?
ヒャダイン そうですね、いつも今と未来を生きているんだと。僕がまったく同じ歌詞を提出しちゃったのは、過去ありありですね(笑)。いや、自分としては過去がないので、同じ曲を出しても違う曲だと言い張るのかもしれません。
ラッキィ 岡本太郎さんは著書に「なぞるくらいなら死んじまえ」とか書いてるのに、作品を見ると全部同じですしね。
ヒャダイン それは言わない約束じゃないですか(笑)。
ラッキィ きっと、なぞってはいないんですよね。同じような作品でも、毎回新しい気持ちで作っているのかもしれません。まあでも、ヒャダインさんは変わったタイプの音楽家ですよね。つんく♂さんや小室哲哉さんなど、いろんな方に影響を受けたと話しているけど、出てくる音楽が全然違っているんです。僕が思うに、キダ・タローさんとかに近い。
ヒャダイン おお、浪花のモーツァルト! 「とれとれぴちぴちカニ料理」。
ラッキィ よく番組のジングルとか、CMも作っていますよね。
ヒャダイン ラッキィさん振り付けの「スカッとじゃんけん」とかね。
ラッキィ 振り付けすると分かるんですが、ヒャダインさんの曲って余計なパートが一切ないんです。無駄な間奏とか、無駄なイントロとかがない。それがすごいと思って。
ヒャダイン たしかに。けっこうごちゃごちゃしていると言われがちなんですけど、構成に無駄があるとノイズに聞こえちゃうので、切ってますね。
ラッキィ 音楽家でありながら、考え方が音楽寄りじゃないんですよ。こういう人って珍しい。遊びの感覚で作っているような。ところで、今日は朝から、ウナギトラベルというぬいぐるみ専門の旅行会社が主催している神楽坂旅行をお手伝いしてきたんですけど。
ヒャダイン お客さんからぬいぐるみを預かって旅行するってことですか?
ラッキィ そう。ここの社長さんと初めて会ったのは、ラジオの中継で日本科学未来館を取材した時、外の公園でぬいぐるみをたくさん抱えて写真を撮っている人がいたんですよ。「話しかけていい人なのかな?」と思ったんですが(笑)、声をかけたら、もとは外資系の金融にお勤めで、退社して起業されたベンチャーと聞いて。明るい発想で、素敵ですよね。
ヒャダイン ハッピーですね。
ラッキィ そういうことをしながら、楽しく生きていこうじゃないかと。
ヒャダイン 今日のテーマですね。
ラッキィ ただ、やっぱり現状を打ち崩すって難しいですよね。10年くらい前、ワニの養殖を始めた老夫婦を取材したことがあって、ワニって養殖が楽で、ほほ肉が美味しいらしい。それ以来、流行るかなと思ってお肉屋さんへ行くと見るんですが、一切ないですね!(笑)
ヒャダイン 出回ってないですね。鶏肉みたいでおいしいって聞きますけど。
ラッキィ 何かのきっかけでヒットすればいいんですが……。
ヒャダイン スタンダードになるのはめちゃめちゃ難しいです。
ラッキィ その辺りの、ヒットする発想のヒントってありますか?
ヒャダイン いやもう、愚直にがんばるしかないなと思いますよね。狙っても外しますし。でも狙わないといけない。
ラッキィ いつも狙いますか?
ヒャダイン うーん、やっぱりオファーされた以上は、狙いますよね。がんばりますよ。でもねぇ。
ラッキィ こればっかりはねぇ。あとね、僕が買ったおもしろい傘があるんですが、普通の傘とは反対で外側に骨がついていて、畳むと自立するんですよ。しかも、畳むと雨に濡れた面が内側になるので、電車に乗っても濡れないんです。
ヒャダイン うわ、めっちゃ斬新。
ラッキィ デザイナーの方は学生の時これを考えて、その後デザインの仕事に就いて「昔へんな傘を考案したな」と思い出して、100均の傘を作り替えて展示をしたら、今の販売元の社長さんが見に来て「おもしろい。製品化しよう。売れなくてもいい」と言ってくれたそうです。
ヒャダイン それ、重要ですよね。
ラッキィ 数量を作らないので、1万円近くするんですよ。それで発売前に女性のモニターを集めたら、すごく文句が出て。「かっこわるい」「はずかしい」と。
ヒャダイン 確かに、差したところは、小学生がふざけた感じですよね(笑)。
ラッキィ 1万円の傘をわざわざ買って、雨の日が年間何日あるのかとか言われて、社長が怒っちゃって「もういい! ああいう奥さんたちに売るのやめよう」と。「奥さんたちが好きな色を作るのやめよう」と(笑)。
ヒャダイン でも、こういうものを作り続けないと、クリエイティブの種火って消えちゃいますからね。なので、そこにお金を出してくれる太っ腹な方は必要なんですよ。
ラッキィ 失敗を恐れて意見が出しにくくなったり、「こういうことを言ったらばかにされるんじゃないか」とアイディアを出せなくなるのは寂しいですよね。
ヒャダイン 枯渇してしまいますからね。これはこれでいい、ここから何ができるか、という発想になってほしいですね。
ラッキィ 本にも書いた、子どもにお金儲けを体験させるセミナーがあって、3~4人のプロジェクトで商品を企画させるんですが、大人は「こんなもの売れないよ」とは一切言わないんです。
ヒャダイン おお、素敵。
ラッキィ その子どもの中に、自分で折った折り紙を売った子がいるんですよ。大人は内心、折り紙をいくらで買うの? と思ったらしいんですが、2年連続でその子の折り紙が完売した。商売って、ぬいぐるみの旅行会社の例を見ても、正直そんなものが仕事として成立するなんて、最初は誰も思わなかったりしますよね。
ヒャダイン コロンブスの卵のように、「その手があったか」と思うようなことってあるんですよね。

「新しさ」と「王道」のバランス

ラッキィ でも難しいのは、音楽でも新しすぎると耳ざわりがよくないんですよね。「どこかで聞いたことがあるけど新しいな」っていうぐらいがちょうどいい。そのバランスはどうですか?
ヒャダイン 新しいことをやりすぎて自己満足になってもいけないし、あと僕、逆にいうと王道があんまりできないんですよね。音楽教育をばっちり受けたわけじゃないので、いまだに曲の書き方をよく分かってないんです。
ラッキィ あ、それがいいですよ。
ヒャダイン 「なんちゃって」で作って、出したらオッケー! って言われて。
ラッキィ 本に書いた「子ども力」と同じで、正解が分からない分ワクワクしてるってことですよね。経験値が高くなりすぎると、型に嵌めやすくなってしまう。
ヒャダイン ルールがあんまり分かってないから、それっぽくはやっているんですが、知らないところで綻びが出たり、その綻びが個性になったり、王道ができないのをごまかすためにトリッキーな方向に振ったり。「できない! 逃げよう」とやってきたのが、今に至るので。
ラッキィ ヒャダインさんの音楽は、独自のプロセスで作っている感じがしますね。僕は今振り付けをチームでやっているんですが、僕のアイディアはほとんど却下です。最終的に決まるのは、まったく僕が考えたのとは違うものに……。
ヒャダイン それ、言っちゃって大丈夫ですか!?(笑)
ラッキィ 「帆を上げろ!」も、採用されたのはB案かC案ですよ。
ヒャダイン 最初はどんなのだったんですか?
ラッキィ いや、思い出せないですね。
ヒャダイン 僕もそうなんですよ、リテイクが入ったりして、新しく作ったら前のバージョンを忘れちゃうんですよね。「気に入ってるのに、直すの嫌だな」と思ったりするんですが、新しい方を作っているとそっちを気に入っちゃって。
ラッキィ そっちのワクワクのほうに行っちゃってね。
ヒャダイン なんでこんなものにしがみついてたんだ、と思ったり。僕も「帆を上げろ!」のサビは、最初全然違いました。3~4個書いて、最終的に採用されたのが何個目かも忘れちゃいました。そういう感覚は似てるかもしれませんね。ずっと新しいワクワクの方が楽しい。

(らっきぃいけだ 振付師)
(ひゃだいん 音楽クリエイター)
波 2017年11月号より

イベント/書店情報

ラッキィ池田からの動画メッセージ

感想を送る

新刊お知らせメール

ラッキィ池田
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

「思わず見ちゃう」のつくりかた―心をつかむ17の「子ども力」―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto