ホーム > 書籍詳細:「母親に、死んで欲しい」―介護殺人・当事者たちの告白―

いなくなれば、介護が終わる……
最愛の人を手にかける――
彼らを追い込んだものは?

「母親に、死んで欲しい」―介護殺人・当事者たちの告白―

NHKスペシャル取材班/著

1,404円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2017/10/18

読み仮名 ハハオヤニシンデホシイカイゴサツジントウジシャタチノコクハク
装幀 (C)Moment Open/カバー写真、Getty Images/カバー写真、新潮社装幀室/装幀
発行形態 書籍
判型 四六判
頁数 236ページ
ISBN 978-4-10-405608-8
C-CODE 0095
ジャンル ノンフィクション
定価 1,404円

今、日本では2週間に一度「介護殺人」が起きている。老老介護、多重介護、介護離職……高齢化ニッポンで避けては通れない「介護」。肉親への献身から始まったはずが、なぜ悲劇へと変わり果てたのか――。全国で起きた事件から見えてくる、決して他人事ではない、当事者の口から赤裸々に語られる「終わりなき介護」の実態!

著者プロフィール

目次

はじめに
第一章 介護は突然、始まった
CASE(1)「私は母のことを、母の皮をかぶった化け物だと思っていました」
CASE(2)「まさか自分が妻を介護するなんて、思っていませんでした」
第二章 別人のようになった妻でも離れたくない……
CASE(3)「夫婦である以上、別居は考えたくなかった」
CASE(4)「私がいなくなったら、妻一人では、一日も生活できない」
第三章 夫の介護は、私しかできない
CASE(5)「後悔はしてない。悪いことしたとは思うてる。
      でも、ああするよりほかなかった」
CASE(6)「今しかない、今しかない、お父さんを殺るのは今しかない」
CASE(7)〜介護に身を捧げた女性たち〜
      「家族が何人いても、結局介護者は一人だけです」
第四章 介護離職の先にあるもの
CASE(8)「仕事を辞めずに介護ができれば一番良かったと思います。
      でもそんな方法があったのか」
CASE(9)「かわいそうだから、殺してあげようと思った」
第五章 事件の境界線はどこにあるのか
CASE(10)「結局、逃げたもの勝ちなんですよね」
CASE(11)「介護を始める前の自分は、もう死んだんだと。そう思っているんです」
第六章 悲劇を未然に防ぐことはできるのか
終章 介護殺人を追って
あとがき

感想を送る

新刊お知らせメール

NHKスペシャル取材班
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

「母親に、死んで欲しい」―介護殺人・当事者たちの告白―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto