ホーム > 書籍詳細:来春まで―お鳥見女房―

主が家督を譲り、“お鳥見女房”も引退することに。が、珠世を頼る者は引きも切らない。大人気シリーズ最新作。

来春まで―お鳥見女房―

諸田玲子/著

1,620円(税込)

本の仕様

発売日:2013/05/22

読み仮名 ライシュンマデオトリミニョウボウ
雑誌から生まれた本 小説新潮から生まれた本
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 263ページ
ISBN 978-4-10-423514-8
C-CODE 0093
ジャンル 歴史・時代小説
定価 1,620円

矢島家はおめでたつづきだった。お鳥見役のつとめで遠国の密偵に出た嫡男は命からがら戻り、不妊だった嫁は懐妊、長女も初子に恵まれた。が、来る者は拒まずで、誰でも受け容れる珠世には、倫ならぬ恋や夫婦、親子の不和、不幸せな境遇ゆえに犯した罪の解決など難題が持ち込まれる……。知恵と慈愛に満ちた、円熟の連作短篇。

著者プロフィール

諸田玲子 モロタ・レイコ

1954年、静岡県生まれ。外資系企業勤務を経て、向田邦子ドラマ15作品のノベライズや翻訳を手がけ、1996年、『眩惑』で小説家デビュー。2003年、『其の一日』で吉川英治文学新人賞、2007年、『奸婦にあらず』で新田次郎文学賞、2012年、『四十八人目の忠臣』で歴史時代小説作品賞を受賞。著書に『お鳥見女房』『あくじゃれ瓢六』『狸穴あいあい坂』シリーズのほか、『誰そ彼れ心中』『遊女のあと』『美女いくさ』『波止場浪漫』など多数。

諸田玲子オフィシャルサイト (外部リンク)

目次

第一話 女ごころ
第二話 新春の客
第三話 社の森の殺人
第四話 七夕の人
第五話 蝸牛
第六話 鷹匠の妻
第七話 来春まで

判型違い(文庫)

感想を送る

新刊お知らせメール

諸田玲子
登録する
歴史・時代小説
登録する

書籍の分類

同じジャンルの本

来春まで―お鳥見女房―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto