ホーム > 書籍詳細:柳孝 骨董一代

白洲正子を心酔させた“伝説の骨董商”が、名品の宝庫をいまこそ開く!

柳孝 骨董一代

青柳恵介/著

6,048円(税込)

本の仕様

発売日:2007/12/20

読み仮名 ヤナギタカシコットウイチダイ
雑誌から生まれた本 芸術新潮から生まれた本
発行形態 書籍
判型 B5判
頁数 126ページ
ISBN 978-4-10-469102-9
C-CODE 0070
ジャンル アート・建築・デザイン、収集・コレクション
定価 6,048円

川端康成、白洲正子、小林秀雄、土門拳……名だたる文人、数寄者たちに愛され信頼された京都の古美術店主が、若き日の失敗談から人とものとの不思議な縁まで、その半生と古美術への情熱を初めて明かす。仏教美術、焼き物、漆器から乾山、玉堂、雪村まで、ドラマを生んだ名品四十点余を一堂に集めた豪華ヴィジュアル愛蔵版!

著者プロフィール

青柳恵介 アオヤギ・ケイスケ

1950年、東京生まれ。成城大学大学院博士課程修了。専門は国文学。古美術評論家。成城学園教育研究所勤務。成城大学、東京海洋大学非常勤講師も務める。著書に『風の男 白洲次郎』(新潮社、1997)、『骨董屋という仕事』(平凡社、1999)、『柳孝 骨董一代』(新潮社、2007)、『白洲次郎と白洲正子―乱世に生きた二人―』(新潮社、2008)などがある。

書評

波 2008年1月号より 美術好きの友への贈り物  青柳恵介『柳孝 骨董一代』

加藤静允

 この度新潮社から青柳恵介著『柳孝 骨董一代』という美しい愛すべき本が出版されました。古美術愛好家はきっと愛蔵本としてその書棚に加えることでしょう。しかし、更にうんと広く、美しいものの好きな人、本を愛する友達への贈り物として、お薦めしたいものです。長い冬の夜温かい部屋で、暑い暑い夏の昼下り涼風の吹きぬける書斎で、ゆっくりと気の向いた頁を楽しみたい本です。
 ITが加速度的に発達し、安価な活字と映像の飛び交う時代にこのような本が出版された幸せを大いに喜ぶとともに、ようやらはったなあと尊敬の念を新たにしています。
 医者になって40年余、毎月定期的に目を通す雑誌、小冊子、パンフレットは30を越えます。日本医師会雑誌や日本小児科学会雑誌、またアレルギー学会誌などは大冊で、少し積むとすぐに40、50センチの高さになります。医学関係の書物や文献は4、5年もすればもう古くなり、必要なところだけ残しあとは処分するのですが、趣味の雑誌や美術関係のものは古くなってもくり返し楽しむものが多くなかなか処分出来ません。ついつい溜りすぎて困ることになります。そんな中、ずっと残しているのが「芸術新潮」と「日本の美術」です。
「芸術新潮」は10年近く前からでしょうか、紙質がよくなり軽くなりました。持ち運びが楽です。特集と連載とニュースをほどよく組み合せて、広く日本の美術愛好家を楽しませている第一の月刊誌でしょう。
 この2年にわたり柳孝さんの骨董一代記が青柳恵介さんの筆で連載され、毎回がたいへん楽しみでした。川瀬敏郎さんの極限の立花に続く頁に指定席がありました。今改めてはじめから通しで読ませてもらい、美しい写真共々ゆっくりと楽しみました。今までに見せてもらったもの、聴かせてもらった話もいくつかあり、そやったなあ、あゝそうやったんかとなつかしく憶うところもあります。青柳恵介さんの文章が独特のやわらかで温かい語り口なので心地よく、何度でも聴きたい読みたい気持にさせてくれるのはさすがです。
 柳孝さんを知ったのはもう40年近く前でしょうか、フランスへ留学した親しい友人にたのまれて慶長裂の代金を届けに行ったのが初めだったことだけは明瞭に憶えています。その当時既に柳孝さんはとびきりのものを扱う新進の古美術商で、若い勤務医が遊びに行けるようなお店ではなかったのです。父の跡を継いで町医になった30年ほど前の頃だったと思うのですが、満岡忠成先生を先達とする焼物仲間と一緒に坂本の別邸へ伺ったことが鮮明な記憶として残っています。その後、医師として、また焼物づくりとして少しは認めてもらえたようで、深く温かい交わりがつづいています。お客という立場の資格はとてもありません。それでも、今までに数点、好きになってどうしても自分の側に置いておきたくなったものを、小遣いすべてかき集めて譲ってもらったことがあります。まことに驚くべきことは、それらすべてのものが何年経っても、くり返し出して観ても、少しも飽きることがないのです。ますます愛おしくなるものばかりであるということです。この本に載るような値段の高い名品というのでなくても、一度柳孝さんの目を通ったものはすべて同じような或る保証を与えられているように感じて不思議な気分になります。
『天才は努力なり、才無きを憂えず、努力足らざるを憂えよ』という言葉があります。若い時からのしっかりした強力で適確な努力により、彼一代で現在に至ったことは今回の物語を読むことにより改めて納得するところです。若くして川端康成、青柳瑞穂、小林秀雄、白洲正子等に認められ、その目を信頼されたことは単に運が良かったというのではなく、並の人の何十倍かの要を得た努力のたまものであったことは疑いありません。
 最後に、この美しい本が英文に飜訳されて、世界の古美術愛好家の書架に席を得て広く読まれることを夢みています。


(かとう・きよのぶ 小児科医・陶芸家)

感想を送る

新刊お知らせメール

青柳恵介
登録する
収集・コレクション
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

柳孝 骨董一代

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto