ボート
ボート


ナム・リー 小川高義


ベトナムからオーストラリアへ――。元ボートピープルにして、いま欧米でもっとも期待される新人のデビュー短篇集。

たった一人難民ボートに乗り込んだ少女の極限状態の十二日間。重い荷を背負って生きてきた父への切ない愛情。そしてヒロシマやコロンビアで、ふいに断ち切られてゆくいくつもの命。自身も生後三ヶ月でオーストラリアに渡ったベトナム人作家による、注目のデビュー短篇集。プシュカート賞、ディラン・トマス賞ほか多数受賞!

発行形態 : 書籍
シリーズ : 新潮クレスト・ブックス
判型 : 四六判変型
頁数 : 359ページ
ISBN : 978-4-10-590080-9
C-CODE : 0397
ジャンル : 外国の小説
外国の小説
発売日 : 2010/01/29

立ち読み
立ち読み

書評
書評/対談


2,484円(定価) 購入


プロフィール 目次 感想を送る
書評

ナム・リー
Le,Nam

1978年、ベトナム南部のラックザーに生まれる。1979年、生後3カ月で、両親とともにボートピープルとしてオーストラリアに渡る。メルボルン大学卒業。大手法律事務所勤務を経て、渡米。アイオワ大学ライターズ・ワークショップに学ぶ。2007年プッシュカート賞、2008年ディラン・トマス賞、2009年オーストラリア・プライム・ミニスター文学賞、メルボルン賞ほか多数受賞。NYでハーヴァード・レビューの文芸記者を務めるとともに、2009年にはライター・イン・レジデンスとして英国イースト・アングリア大学に滞在。現在、英語圏でもっとも期待されている新人作家のひとり。



小川高義 
愛と名誉と憐れみと誇りと同情と犠牲
カルタヘナ
エリーゼに会う
ハーフリード湾(ベイ)
ヒロシマ
テヘラン・コーリング
ボート
訳者あとがき


▼Hiramatsu Yoko 平松洋子
硬さを残していた洋梨が、なにかを振り切ったかのように瑞々しい香気を放ち始める瞬間がある。冒頭の一篇、私はさっそく芳香の兆しを受け取った。アイオワ。テヘラン。ニューヨーク。ヒロシマ……緻密な想像力によって構築された物語世界にはベトナム生まれの若い作家の実験精神が横溢し、洋梨の香りとともに展開する位相空間さながら。最終篇、東南アジア沖に漕ぎだした一艘の難民ボートは「死者の海域」へ入ってゆく。波間で遭遇するあの匂いを、飛沫を、歌声を、そして痛みを、私は決して忘れることができないだろう。

▼TLS タイムズ文芸付録
綿密な想像力を細部にいたるまで働かせて、はるかな世界と人とをありありと実感させる。才能と言うしかない。

▼San Francisco Chronicle サンフランシスコ・クロニクル
聞き慣れない作家だろうか? これから先、どれほど耳にすることになるかが楽しみだ。これほど多様な7篇を一人の作家が書いたとは信じがたいが、共通点もある。どの主人公も、逆境のなか自分では気づかない強さを見せるのだ。

▼OregonLive.com オレゴンライヴ・コム
処女作が傑作で、しかも著者が二十代という例はめずらしい。だがそういう一冊なのである。まったく設定の異なる7つの短篇は、不安や喪失というひとつの線に貫かれ、全篇に緊張がみなぎっている。みごとな文体、時空を超える鮮明なビジョン。次作への期待が高まるばかりだ。
新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

ナム・リー 登録


外国の小説 登録


他の条件で登録する



ページの先頭へ戻る