ホーム > 書籍詳細:ヴェネツィア物語

「ティツィアーノの絵は、ヴェネツィアにとって最高の外交カードでした」塩野七生

ヴェネツィア物語

塩野七生/著、宮下規久朗/著

1,728円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2012/05/25

読み仮名 ヴェネツィアモノガタリ
シリーズ名 とんぼの本
雑誌から生まれた本 芸術新潮から生まれた本
発行形態 書籍
判型 B5判変型
頁数 126ページ
ISBN 978-4-10-602231-9
C-CODE 0326
ジャンル 世界史、海外旅行
定価 1,728円

「ここは色彩に溢れた織物のような街」。一千年にわたる共和国の興亡を描き尽くした塩野七生が「海の都」への想いを語り、国家と芸術家の“幸福なる関係”を解き明かす。さらに、豊饒なる美の遺産――比類のない景観、巨匠達の傑作を美術史家・宮下規久朗が徹底案内。水上の迷宮に、歴史・美術・建築からアプローチする至福の一冊。

著者プロフィール

塩野七生 シオノ・ナナミ

1937年7月7日、東京に生れる。学習院大学文学部哲学科卒業後、1963年から1968年にかけて、イタリアに遊びつつ学んだ。1968年に執筆活動を開始し、「ルネサンスの女たち」を「中央公論」誌に発表。初めての書下ろし長編『チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷』により1970年度毎日出版文化賞を受賞。この年からイタリアに住む。1982年、『海の都の物語』によりサントリー学芸賞。1983年、菊池寛賞。1992年より、ローマ帝国興亡の歴史を描く「ローマ人の物語」にとりくみ、一年に一作のペースで執筆。1993年、『ローマ人の物語I』により新潮学芸賞。1999年、司馬遼太郎賞。2001年、『塩野七生ルネサンス著作集』全7巻を刊行。2002年、イタリア政府より国家功労勲章を授与される。2006年、「ローマ人の物語」第XV巻を刊行し、同シリーズ完結。2007年、文化功労者に選ばれる。2008-2009年に『ローマ亡き後の地中海世界』(上・下)を刊行。2011年、「十字軍物語」シリーズ全4冊が完結。2013年、『皇帝フリードリッヒ二世の生涯』(上・下)を刊行。2015年より「ギリシア人の物語」シリーズ全3巻の刊行を開始。

宮下規久朗 ミヤシタ・キクロウ

美術史家。神戸大学大学院人文学研究科准教授。1963年愛知県生れ。東京大学大学院人文科学研究科修了。2005年、『カラヴァッジョ―聖性とヴィジョン―』(名古屋大学出版会)によりサントリー学芸賞および地中海学会ヘレンド賞。著書に『バロック美術の成立』『イタリア・バロック―美術と建築―』(ともに山川出版社)、『西洋絵画の巨匠11 カラヴァッジョ』『モディリアーニ モンパルナスの伝説』『フェルメールの光とラ・トゥールの焔―「闇」の西洋絵画史―』(いずれも小学館)、『食べる西洋美術史』『ウォーホルの芸術』(ともに光文社新書)、『カラヴァッジョヘの旅』(角川選書)、『刺青とヌードの美術史 江戸から近代へ』(NHKブックス)、『カラヴァッジョ巡礼』(新潮社)、『裏側からみた美術史』(日本経済新聞出版社)など多数。

目次

「海の都」の美を歩く
塩野七生
ヴェネツィア美術案内
宮下規久朗
はじめに
第I章 ラグーナの暁光
ビザンツからゴシックへ|15世紀前半まで|
第II章 遅咲きのルネサンス
ベッリーニの絢爛、カルパッチョの物語|14~16世紀初頭|
第III章 ティツィアーノの世紀
巨匠たちが彩る黄金時代|16世紀|
第IV章 バロックの黄昏
最後の光芒ティエポロ|16~17世紀|

ヴェネツィア彷徨 宮下規久朗
1 共和国の原風景を宿す島々の話
2 迷宮を繋ぐ橋の話
3 陰日向に生きた女たちの話
4 ヴェネツィア彫刻史
ヴェネツィア共和国興亡史

ヴェネツィア市街地図

水上都市を彩る遺構

関連書籍

まとめテーマでくくる 本選びのヒント

感想を送る

新刊お知らせメール

塩野七生
登録する
宮下規久朗
登録する
世界史
登録する
海外旅行
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

ヴェネツィア物語

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto