ホーム > 書籍詳細:ヒトの脳にはクセがある―動物行動学的人間論―

いくら科学が進歩しても、脳には限界がある!

ヒトの脳にはクセがある―動物行動学的人間論―

小林朋道/著

1,188円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2015/01/23

読み仮名 ヒトノノウニハクセガアルドウブツコウドウガクテキニンゲンロン
シリーズ名 新潮選書
発行形態 書籍、電子書籍
判型 四六判変型
頁数 175ページ
ISBN 978-4-10-603761-0
C-CODE 0345
ジャンル 生物・バイオテクノロジー
定価 1,188円
電子書籍 価格 950円
電子書籍 配信開始日 2015/07/24

ヒトはなぜ、宇宙の果てや時間の始まりをイメージできないのか? なぜ涙を流すのか。なぜ火に魅せられるのか。なぜ町中に鳥居を作るのか――。脳は、狩猟時代から進化していない。あの頃の生存と繁殖に必要な能力のままである。だから脳には人間特有のクセが残っているのだ。動物行動学からヒトを見たユニークな論考。

著者プロフィール

小林朋道 コバヤシ・トモミチ

1958(昭和33)年、岡山県生まれ。岡山大学卒、理学博士(京都大学)。鳥取環境大学環境学部副学部長・環境マネジメント学科長・教授。同ヤギ部顧問。ヒトを含むさまざまな動物について、動物行動学の視点で研究してきた。『ヒトはなぜ拍手をするのか―動物行動学から見た人間―』『先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!』など著書多数。最新刊に『先生、ワラジムシが取っ組みあいのケンカをしています! 鳥取環境大学の森の人間動物行動学』。

著者ブログ (外部リンク)

目次

はじめに――死が怖くなくなる
1 なぜマンガは文字より分かりやすいのか?
読字障害はなぜ起きるのか/アーミーナイフと脳の構造/文化のビッグバン/対人専用モジュールの働き
2 ヒトはなぜ、時間の始まりと宇宙の果てをイメージできないのか?
ヒトは実在を認識できない/狩猟採集に適応した脳/リアリティーをもって想像できる範囲/脳のクセと科学の関係
3 火に惹きつけられる人間の心
ヘビに反応する理由/火に専用の神経回路/欲求と抑制
4 ヒトが他の動物と決定的にちがう点
脳内では何が起こっているか/オオカミとカリブーとヒトのちがい/階層の高さ/ヨウムの謝罪
5 ヒトはなぜ涙を流すのか
情動性分泌涙の4つの仮説/相手の攻撃性を低下させる/涙は庇護をうながす
6 ヒトは悲しみを乗り越えて前に進む動物である
悲しみの役割/子の死はなぜ悲しいのか/悲しみを乗り越えられる理由
7 遺伝子はヒトを操るパラサイト
ハリガネムシの長い旅/人間を操る寄生虫/有益な寄生虫/遺伝子に操られているヒト/個体としての「自分」って何?
8 今も残る狩猟採集時代の反応
獲物に近づく感覚/ヒトは因果関係にこだわる/不安感情と生存
おわりに――目隠しをして象に触れる

インタビュー/対談/エッセイ

波 2015年2月号より 大学のコウモリとさほど変わらないこと

小林朋道

私は今、研究のために大学の教官室で三種類のコウモリを飼っている。デスクワークをしながらでも彼らの行動が見えるように、机の上に飼育容器を置いている。餌としてミールワームを与えているのだが、ときどきコウモリを飼育箱から取り出して左手にもち、右手で虫を口に近づけて食べさせる。モモジロコウモリとユビナガコウモリは気持ちいいほどの勢いで餌に喰らいつき、それはそれはおいしそうに餌を食べる。
ちなみに彼らを間近で見ていると、本来計画していた研究のテーマとはまったく別な内容の、とても興味深い現象をたくさん発見することになる(それについては別の機会に是非お話したい)。
小さな体の“空飛ぶ哺乳類”を手にとって触れ合っていると、心臓の鼓動や体全体の力強い動き、四肢のしなやかな運動、表情の豊かな変化……を体感し、「あー、これが生命なんだ!」と叫びたくなる。これこそが私を生物に向かわせる、掛け値なし、駆け引きなし、世渡りなし(?)の、私にとっての科学の原点なのだと思う。その一方で、翼や透けて見える長細い骨、口を大きく広げる超音波の発声行動などに改めて目を奪われ、暗闇の世界で生きる“空飛ぶ哺乳類”を生み出した進化のものすごい力を思うのである。
ところで以前、夏休みに一カ月以上インドを旅してきた学生が教官室を訪ねてきて、次のようなことを話してくれた。
「先生、ぼくはインドで、大げさに言うと生きるか死ぬかの、日本では考えられないような場面に何度か出合いました。文化も人々の生活も、日本とは全く違うんですよ」
そう、外から見ると、それまで当たり前だと思っていた日本の文化や生活が実は“当たり前”ではなく、よく言えば新鮮に浮き上がって、より客観的に見えるようになってくる。
そして同じように、ヒト(ホモサピエンス)を一歩引いて、外から見てみると、全世界のヒトに共通した、それまで“当たり前”に思っていた(気にも留めなかった)性質(たとえば、眼球に白眼があるとか、乳頭は二つしかないとか、複雑な文章をつくる……みたいな)が“なぜだろう”と問いたいような出来事に思えてくるのである。
コウモリの話に戻る。ユビナガコウモリに生きて動くミールワームを近づけると、口を開け、やたらに超音波を発して懸命に対象を認知しようとする動作を見せる。でも、虫が全く動かないとき、彼らは虫に反応しない。そんなときは直接、虫を口にいれてやる。そして、「あなたは虫が動かないとそれがわからないんだねー」とか言って、頭を撫でてやる。コウモリは、頭をかがめ、接触を避けようとする。“頭をなでる”という、ヒトでは当たり前の動作が彼らには通じない。
さて、少しだけヒトを外から眺めてみると、コウモリに負けず劣らず、われわれホモサピエンスも、林や湖が散在した乾燥平原での狩猟採集生活に進化的に適応した、かなりユニークな生命体であることに気づく。もちろん、白眼や二つの乳頭や複雑な文章だけではない。直立、体毛の消失、大きな脳、協力心と罪の意識、理論的思考……。
宇宙のどこからか、いわゆる知的生命体がやってきてヒトに接したとき、彼らは、私がユビナガコウモリにむかって言ったように次のような疑問を発するかもしれない。
「あなたがたは、地位とか名誉とか愛とか言って、よく争ったり悲しんだり、助けたりするんだねー」。また、「脳という物理的な存在からなぜ意識みたいな非物理的なものが生じるのか考えて悩んだりするんだねー」。あるいは、「時間という感覚をもっているんだねー」と。
繰り返しになるが、コウモリの形態や脳の構造・性能が進化の産物であるように、ヒトの形態や脳の構造・性能も、間違いなく進化の産物なのである。その上でわれわれは認めなければならないのだ。コウモリが生きる世界で、生存・繁殖上必要がなくて、進化しなかった脳の性能があるように、ヒトが生きる世界で、生存・繁殖上必要がなくて、進化しなかった脳の性能があることを。それは単なる不可知論ではない。動物行動学という科学が提示する、限界ももったヒトの認知の姿である。本書は、そうした私たちにとっては当たり前の、ヒトの行動と思考のヘンな特徴について紹介している。
私は、ユビナガコウモリの脳の性能を、ユビナガコウモリの脳のクセと呼んでいる。今のところその呼び方が一番ぴったりくる表現なのだ。本書のタイトルが「ヒトの脳にはクセがある」なのもそういう理由からだ。
ちなみに、本書には、コウモリの話はでてきません。

(こばやし・ともみち 動物行動学者)

感想を送る

新刊お知らせメール

小林朋道
登録する
生物・バイオテクノロジー
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

ヒトの脳にはクセがある―動物行動学的人間論―

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto

ヒトの脳にはクセがある―動物行動学的人間論―

以下のネット書店よりご購入ください。

※対応端末でお探しください。

Shincho Live!