ホーム > 書籍詳細:吉村昭 昭和の戦争2 武蔵と陸奥と

戦後70年記念出版。たじろがぬ眼で真実をみつめた戦史小説の金字塔! 全6巻。

吉村昭 昭和の戦争2 武蔵と陸奥と

吉村昭/著

2,916円(税込)

本の仕様

立ち読みする

発売日:2015/07/31

読み仮名 ヨシムラアキラショウワノセンソウ02ムサシトムツト
発行形態 書籍
判型 四六判変型
頁数 734ページ
ISBN 978-4-10-645022-8
C-CODE 0393
ジャンル 全集・選書
定価 2,916円

綿密な取材をもとに、明晰な筆致で抉り出す“戦争と人間”、その真実の姿――。1巻には、零戦の開発から、その末路までを描く『零式戦闘機』と開戦前夜の緊迫のドキュメント『大本営が震えた日』他、2巻には、巨艦「武蔵」をめぐる人間ドラマ『戦艦武蔵』と軍艦事故に隠された帝国海軍の暗部を描く『陸奥爆沈』他を収録。語注付き。

著者プロフィール

吉村昭 ヨシムラ・アキラ

(1927-2006)東京・日暮里生れ。学習院大学中退。1966(昭和41)年『星への旅』で太宰治賞を受賞。同年発表の『戦艦武蔵』で記録文学に新境地を拓き、同作品や『関東大震災』などにより、1973年菊池寛賞を受賞。以来、現場、証言、史料を周到に取材し、緻密に構成した多彩な記録文学、歴史文学の長編作品を次々に発表した。主な作品に『ふぉん・しいほるとの娘』(吉川英治文学賞)、『冷い夏、熱い夏』(毎日芸術賞)、『破獄』(読売文学賞、芸術選奨文部大臣賞)、『天狗争乱』(大佛次郎賞)等がある。

目次

戦艦武蔵
戦艦武蔵ノート
城下町の夜
陸奥爆沈
浜千鳥
吉村昭を読む  津村節子
書誌

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

吉村昭
登録する
全集・選書
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

吉村昭 昭和の戦争2 武蔵と陸奥と

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto