トウギュウ
闘牛


井上靖原作 日下武史朗読




敗戦の混乱にあえぐ大阪で、闘牛大会の計画が持ちあがり、人々の野心と情熱を巻き込んでゆくが……。戦後日本の苦しみと希望を鮮烈に描いた芥川賞受賞作。

発行形態 : 新潮CD
判型 : [3CD]184分
ISBN : 978-4-10-830084-2
発売日 : 2002/03/25

文学賞
第22回 芥川龍之介賞


4,644円(価格) 購入


プロフィール 感想を送る

井上靖原作
イノウエ・ヤスシ

(1907-1991)旭川市生れ。京都大学文学部哲学科卒業後、毎日新聞社に入社。戦後になって多くの小説を手掛け、1949(昭和24)年「闘牛」で芥川賞を受賞。1951年に退社して以降は、次々と名作を産み出す。「天平の甍」での芸術選奨(1957年)、「おろしや国酔夢譚」での日本文学大賞(1969年)、「孔子」での野間文芸賞(1989年)など受賞作多数。1976年文化勲章を受章した。


日下武史朗読 

関連本 閉じる



猟銃・闘牛


RSS 表紙ですべて見る


新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

井上靖 登録


他の条件で登録する



ページの先頭へ戻る