ホーム > 書籍詳細:食味風々録

食味風々録

阿川弘之/著、阿川佐和子/朗読

2,160円(税込)

本の仕様

発売日:2008/06/27

読み仮名 ショクミブウブウロク
シリーズ名 新潮CD
発行形態 オーディオブック
判型 [1CD]76分
ISBN 978-4-10-830212-9
C-CODE 0895
ジャンル 文芸作品
価格 2,160円

「スニーカー」が「墨烏賊」に、「世の中」が「最中」に聞こえてしまうという文業60年の大家が、食にまつわる様々なエピソードを描いた読売文学賞受賞の名エッセイ。その中から4編を選び、長女・阿川佐和子がいかにも美味しそうに「初めて父の作品を朗読」した記念すべき朗読CD(新潮文庫『食味風々録』に収載)。

著者プロフィール

阿川弘之 アガワ・ヒロユキ

(1920-2015)広島市生まれ。1942(昭和17)年、東大国文科を繰上げ卒業し、海軍予備学生として海軍に入る。戦後、志賀直哉の知遇を得て師事。1953年、学徒兵体験に基づく『春の城』で読売文学賞を受賞。同世代の戦死者に対する共感と鎮魂あふれる作品も多い。芸術院会員。主な作品に『雲の墓標』『舷燈』『暗い波濤』『志賀直哉』のほか、『山本五十六』『米内光政』『井上成美』の海外提督三部作がある。

阿川佐和子 アガワ・サワコ

1953年東京生まれ。報道番組のキャスターを務めた後に渡米。帰国後、エッセイスト、小説家として活躍。『ああ言えばこう食う』(檀ふみとの共著)で講談社エッセイ賞、『ウメ子』で坪田譲治文学賞、『婚約のあとで』で島清恋愛文学賞を受賞。他に『うからはらから』『正義のセ』『聞く力』など。

目次

(1)~(4)75分44秒
(1)米の味・カレーの味
(2)鰻
(3)食堂車の思い出
(4)置土産

関連書籍

感想を送る

新刊お知らせメール

阿川弘之
登録する
阿川佐和子
登録する
文芸作品
登録する

同じジャンルの本

書籍の分類

食味風々録

全国の書店、または以下のネット書店よりご購入ください。

※ 書店によっては、在庫の無い場合や取扱いの無い場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳しい購入方法は、各ネット書店のサイトにてご確認ください。

  • amazon
  • 楽天ブックス
  • 7net
  • e-hon
  • HonyaClub
  • TSUTAYA ONLINE
  • 紀伊國屋書店
  • エルパカBOOKS - HMV
  • honto