ホーム > 書籍詳細:技巧的生活

男をあたかも無機物であるかのごとく見ようとする酒場の女たちのさまざまな生態、微妙な心理、孤独な姿を見事に活写した長編。

技巧的生活

吉行淳之介/著

1,944円(税込)

本の仕様

発売日:2002/11/01

読み仮名 ギコウテキセイカツ
シリーズ名 新潮オンデマンドブックス
発行形態 オンデマンドブックス
判型 新潮オンデマンドブックス
頁数 176ページ
ISBN 978-4-10-865229-3
定価 1,944円

恋に酔う少女であった葉子は、酒場に勤めてゆみ子と名を変えた時から変貌しはじめた。男を商品として、あたかも無機物であるかのごとく見ようとする酒場の女たちの、言わば技巧的な生き方。――自分もそれに徹しようとするのだが、どうしてもロマンティックな感情を捨てきれない、ゆみ子の眼を通して、酒場の女たちのさまざまな生態、微妙な心理、孤独な姿を見事に活写した長編。

著者プロフィール

吉行淳之介 ヨシユキ・ジュンノスケ

(1924-1994)1924(大正13)年、岡山市生れ。東京大学英文科中退。1954(昭和29)年「驟雨」で芥川賞を受賞。性を主題に精神と肉体の関係を探り、人間性の深淵にせまる多くの作品がある。また、都会的に洗練されたエッセイの名手としても知られる。1994(平成6)年、病没。主要作品は『原色の街』『娼婦の部屋』『砂の上の植物群』『星と月は天の穴』(芸術選奨文部大臣賞)『暗室』(谷崎賞)『夕暮まで』(野間賞)『目玉』等。

感想を送る

新刊お知らせメール

吉行淳之介
登録する

書籍の分類