ホーム > 新潮文庫 > 新潮文庫メール アーカイブス > 歴代Yonda?エプロン、いくつご存知ですか?
新潮文庫メールマガジン アーカイブス
歴代Yonda?エプロン、いくつご存知ですか?

 Yonda?Mail購読者の皆さん、こんにちは。

 新しいYonda?CLUBにはもうご応募いただけましたか? 新潮文庫の応募券を必要な枚数集めれば、必ずグッズをもらえるところがYondaCLUBのミソ。せっせと読んでさっさと応募する人もいれば、我慢して我慢して大物を狙う人もいるはず。

 ところが応募券をいくら集めても、手に入らないのが書店用販促物のYonda?グッズ。その中でも書店員さんが身に着けたYonda?エプロンを見て、「アレ欲しい」と思った人も多いのでは。

 最近、書店でよく見かけるのは、こちらの「黄色地にヨット」だと思います。実はこれ、2004年から配布され始めた6代目のエプロン。

 皆さんは、他にもこんなYonda?エプロンがあったことを覚えていらっしゃいますか?


 これが初代Yonda?エプロン。ベージュ地にYonda?くんのアップ。Yonda?キャンペーンが始まったばかりの1997年、まず書店さんにYonda?くんを覚えてもらおうと企画されました。


 初代と同じ柄で黄色地のエプロンが、翌1998年夏の「新潮文庫の100冊」フェアの際に製作されました。これが2代目です。


 これは3代目。2001年夏の「新潮文庫の100冊」の際に出来ました。このときからYonda?くんが増殖しました。


 これは同じ年の「新潮文庫冬のフェア」用に製作された4代目。クリスマスを意識した赤が印象的です。絵柄もスノボにスケートにとアクティブなYonda?くんです。


 5代目は2003年夏の「新潮文庫の100冊」のときに製作されました。こちらのYonda?くんは積まれた本の山と格闘中です。


 そしてこれが2004年夏の「新潮文庫の100冊」で作られた6代目。夏らしいヨットの絵柄が涼しげです。

 どうですか、皆さんはいくつ覚えていました? もしかしたら日本のどこかの書店で、いまでも初代エプロンが使われているかもしれません。書店員さんに「そのYonda?エプロン、初代ですよね」と声を掛けたら、びっくりされるかも。

 そして今回、3代目Yonda?エプロンが抽選で10名様に当たる「Yonda?アンケート 第7回」を実施しています。Yonda?Mail会員だけへのスペシャルプレゼントです。皆さん、ふるってご応募ください。

(K・Y)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年06月20日   アンケート
  •    
  •