新潮文庫メールマガジン アーカイブス
アンケート



 Yonda?Mail購読者のみなさん、こんにちは。

「読書傾向が似た人は他にどんな本を読んでいるのか?」をテーマに、昨年Yonda?アンケートを実施しました。まず新潮文庫のベストセラーから「読んだ本」を選んでいただき、「その次に読むべき本」をご推薦いただきました。

 たくさんの回答の中から、幾つかご紹介させていただきます。ぜひ、次の一冊選びの参考にしてください。

■『火車』(宮部みゆき)を読んだ私が推薦する本

休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して――なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか? いったい彼女は何者なのか? 謎を解く鍵は、カード社会の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。山本周五郎賞に輝いたミステリー史に残る傑作。



向日葵の咲かない夏』(道尾秀介)
『火車』は、じりじりと真実に近づいていく過程が面白いミステリー、一方『向日葵の咲かない夏』は、前半で事件がだいたい解決したのかと思いきや、想像もしない方向に進み、ありえない視点で締められるミステリー。正統派のはっきりとした動機があるミステリーを読んだ後に、このミステリーを読むと怖いです。どちらもその時代の問題が書かれていると思います。『向日葵の咲かない夏』の子供のような感覚を持つ現代人が増えない事を願うばかりです。(30代女性)



犯意』(乃南アサ)
 作家が短編を提示し、法科大教授が罪状の解説をするという、珍しい形式でまとめられた本。裁判員制度が新しくなり、素人も裁判に参加する事になるという時期に、ハードカバー版が出ましたが、文庫本になっても充分に面白く読めます。『火車』の、誰が罪人? 誰もが罪人? の曖昧さも好きだけど、日本の法規ではどんな罪なのだろうと、もっとクリアーなものを読みたくなったら『犯意』は面白く読めると思います。(60代女性)


続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年01月21日   アンケート

 Yonda?Mail購読者の皆さん、こんにちは。

 夏といえば「新潮文庫の100冊」。今年も始まっています。

 2012年は「一冊の本で夏休みの自分が変わるかも」がテーマ。「恋したくなる本」「興奮する本」「泣ける本」「面白すぎる本」「考える本」の5ジャンルから、あなたの夏を変えてしまう1冊を見つけてください。

 いや、1冊ではダメでした。必ずもらえるプレゼントは「2012新潮文庫の100冊」のオビがついた文庫を2冊買っていただく必要があります。プレゼントは全6種類の「Yonda?ブックカバー」。デザインが大貫卓也さん、イラストが100%ORANGEさんです。Yonda?くん好きならマストなアイテムでしょう。詳しい応募方法はこちらのページをお読みください。


 さて、今回のYonda?Mailは、「2012新潮文庫の100冊」に関するクイズとアンケートを実施いたします。抽選で5名様に特製「Yonda?図書カード」、5名様に「Yonda?エプロン」が当たります。
 クイズの答えは、大人気!「自分の本棚」が持てる「2012新潮文庫の100冊」サイトを訪れれば、わかるものばかり。楽しく学んで、どしどしご応募ください。多くの皆さんのご参加をお待ちしております。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年07月20日   アンケート

 Yonda?Mail購読者の皆さん、こんにちは。

 新しいYonda?CLUBにはもうご応募いただけましたか? 新潮文庫の応募券を必要な枚数集めれば、必ずグッズをもらえるところがYondaCLUBのミソ。せっせと読んでさっさと応募する人もいれば、我慢して我慢して大物を狙う人もいるはず。

 ところが応募券をいくら集めても、手に入らないのが書店用販促物のYonda?グッズ。その中でも書店員さんが身に着けたYonda?エプロンを見て、「アレ欲しい」と思った人も多いのでは。

 最近、書店でよく見かけるのは、こちらの「黄色地にヨット」だと思います。実はこれ、2004年から配布され始めた6代目のエプロン。

 皆さんは、他にもこんなYonda?エプロンがあったことを覚えていらっしゃいますか?

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年06月20日   アンケート

 Yonda?Mail購読者の皆さん、こんにちは。

 第5回Yonda?アンケートに寄せられた意見の中で、「他の人がどうやって本を見つけているのか教えてほしい」とのご要望を、複数の方からいただきました。

 たしかに、自分なりの情報源があったとしても、チャンネルが少ないとどうしてもマンネリ化してしまいます。本好きの人がどこで情報を仕入れているのか分かれば、「面白本」に当たる率も上がるかもしれません。

 2月に実施した第3回Yonda?アンケートで、「参考にしているブログ名やネット書店、TwitterのURL、TV番組名」をお訊きしました。その回答から抽出したデータがこちらになります。


 どうです、皆さんは全部ご存知でしたか?

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年05月21日   アンケート

 Yonda?Mail購読者の皆さん、こんにちは。

 第3回Yonda?アンケートで、「普段、読書をする場所はどこですか」という質問をしました。たぶん「どこで本を読む」なんて、普段は意識しないことだと思います。あらためて皆さんにお尋ねしたところ、こんな結果が出ました。



 やはり「自室」、「居間」など、自宅で本を読む人が多いようです。一番長く居るし、リラックスできる場所だし。当たり前と言えば当たり前の結果かもしれません。

 ちょっと意外だったのが、3番目に「喫茶店・飲食店」が入っていること。周りで人の声がしたら集中できないのでは? あ、そうか。耳にイヤホン挿して読書すればいいのか。

 で、一番気になったのが「風呂」と「トイレ」で本を読む方々。どちらも10%以上いらっしゃいます。果たして風呂で読む人はトイレでも読むのでしょうか。それともトイレで読む人は風呂では読まないのでしょうか。気になる結果はこちらです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012年04月20日   アンケート
  • 1
  • 2