ホーム > まとめ > 読書で楽しむアート! 画家や絵画がモチーフの本

読書で楽しむアート! 画家や絵画がモチーフの本

作成者:1号

読み終えた後は、作品を見てみたくなること必至!
アートにあまり興味がなくても、ぐいぐい引き込まれます。
芸術家の人生っておもしろい。

ルソー、ピカソ

ピカソ

「どうにかしてピカソに挑んでみたい」。そう思ったのは二〇歳のときでした。

[原田マハ/「暗幕のゲルニカ事件」が伝えたもの 「波」2016年4月号より →全文へ]

ゴーギャン

北斎の娘 葛飾応為

女絵師と言えば、静かな佇まいで筆をとり、胸の裡に情念の焔がゆらめく、となりがちだ。しかし、本作のお栄は違う。まわりの勧めで南沢等明という絵師に嫁いだが、口うるさくされると、

――ああ……面倒臭ぇ

と本音が口をつく。

[葉室麟/もの作る者は闇を駆ける 「波」2016年4月号より →全文へ]

北斎に関しては非常に史料が多いのですが、応為の人生、画業は謎が多い。

[朝井まかて/謎の女絵師を追って 「波」2016年4月号より →全文へ]

ピカソ、モディリアーニ、ジェローム、ドガ、ダンテとベアトリーチェ、マネとモネ、ルノワール、ムンク、カミーユ・クローデル

写楽

渡辺崋山

ショパン、ドラクロア

キーワード