ホーム > まとめ > 写真で見る昔と今の日本

写真で見る昔と今の日本

作成者:芸術新潮

芸術新潮
「芸術新潮」2016年7月号

 カメラ伝来から間もない明治初期、すでにヌードは撮影されていた。以来、百数十年――。「芸術新潮」2016年7月号では明治期に撮影された作品をはじめ、戦後すぐから現在に至るまでのヌード写真を紹介。タブーを打ち破った強烈な作品とともに「歴史」をたどる。中村立行、吉岡康弘、荒木経惟……時代ごとの表現の変遷を浮き彫りにする、革新者たちの作品の数々が興味ぶかい。さらに「現在」にも注目。デジタル時代到来で大変革期まっただ中のいま、いったい何が起こっているのか。最先端のヌード表現をレポート。篠山紀信によるオカダ・カズチカ、サイトウ零央による光浦靖子の撮り下ろし写真も見逃せない。

 写真は時代を写すものでもある。そこで今回は、写真をとおして、その時代の空気感や表現に触れられる本をご紹介しましょう。

高層ビルの谷間で、下町の路地裏で、山の手の住宅街で――

どうしてもここを撮りたかったんだよ。ここから歩き始めたかった。いかにも東京らしい眺めだろ?

[本書より →立ち読みへ]

時代とともに変貌する古都の姿を、今に残る貴重な写真で回顧する。

「京都らしい閑雅な趣を失った所も少なくない」と永井荷風が嘆いたのが一世紀前。

占領下のどん底から這い上がり、高度成長を遂げた、日本が元気だったあの時代

単にその「風景」が懐かしいというのではなく、1枚1枚の写真がもつ「作品」としての力に圧倒される思いがしました。

[担当編集者のひとこと より →全文へ]

戦争を通して歴史的瞬間にも立ち会った――

ドイツ製高級カメラのライカを購入し、スーツ姿にハイヒールの出で立ちで脚立を抱え奔走する日々。

いま鮮やかによみがえる幕末の記憶!

時は幕末、写真の草創期に日本人最初の職業写真師として登場した下岡蓮杖による古写真179点を収録した、世界初の写真集。

明治~昭和の近代都市・東京の変遷

誰もが知る東京名所風景の移り変わりを中心に、当時の建築や風俗なども窺い知ることのできる「東京」資料写真集、待望の決定版

日本中の写真家2万点以上の作品のなかから選びぬいた写真

戦後の荒廃、高度経済成長、バブル崩壊……それぞれの時代を生きた子どもたち

キーワード

関連まとめ