ホーム > まとめ > 退位と即位がやってくる。

退位と即位がやってくる。

作成者:2号

2018年は、皇位継承をめぐる日本の特別な一年。私たちは何をすべきなのか。

皇室がなくなる日

戦後七〇年の皇室の歴史において、ここ一〇年余、皇位継承問題、皇族減少問題(女性宮家創設論)、そして「生前退位」問題と皇室典範の制度疲労が一挙に露呈した感がある。いずれも速やかな解決が求められる喫緊な課題である。

[本書より →立ち読みへ]

昭和最後の日

その後百十一日間に及ぶ闘病の末、昭和天皇はその生涯を閉じ、激動の昭和は終わった。この日をさかのぼるちょうど一年前。もうひとつのスクープによって記者たちの長く熱い日々が始まった。このストーリーは沖縄から始まる。

[本書より →立ち読みへ]

崩御と即位

家族としての天皇家の関係は、“代替り”の局面に如実にあらわれていた。

天皇陛下の私生活

終戦前後のごく一時期のみ、御文庫という本来は私生活の空間のなかで、重臣たちの拝謁などの公務が行われたために、史料の中に天皇の暮らしぶりが滲み出してしまっているのです。

[本書より →立ち読みへ]

明治天皇

第十八章 即位、改元、そして東の都へ

[本書 目次より →目次へ]

天皇陛下の本心

25万字にものぼる「おことば」を元皇室担当記者が精読

天皇はなぜ生き残ったか

日本の古代から中世は、人口は徐々に増加していく。中央権力も軌を一にして、ゆっくりと深化していったのではないか。

[本書より →立ち読みへ]

歴代天皇のカルテ

新潮新書『歴代天皇のカルテ』の巻末には「歴代天皇一二五代のカルテ一覧表」を載せたが、これをご覧になれば、歴代天皇の宮妃・宮女が皇位継承という大事業を支えるため、いかに奮闘したかがおわかりになろう。

[篠田達明/「君が代」とY染色体の劣化 「波」2006年8月号より →全文へ]

天皇家の財布

宮内庁が、皇室に関連して「四つの財布」を持っているってご存知ですか?

[四つの財布|蘊蓄倉庫 より →全文へ]