プレゼント

芸術新潮 プレゼント【2】「ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵」のチケット

芸術新潮 2018年4月号
今月のプレゼント【2】

「ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵」のチケットを5組10名様にプレゼント!

マウリッツ・コルネリス・エッシャー《相対性》 1953年 リトグラフ 28.0×29.3cm イスラエル博物館蔵 
All M.C. Escher works copyright © The M.C. Escher Company B.V. –Baarn-Holland. All rights reserved. www.mcescher.com
(以下3点とも)
マウリッツ・コルネリス・エッシャー《発展Ⅱ》 1939年 多色刷り木版 45.5×45.5cm イスラエル博物館蔵 
マウリッツ・コルネリス・エッシャー《カストロヴァルヴァ、アブルッツィ地方》 
1930年 リトグラフ 53.5×41.8cm イスラエル博物館蔵

トロンプ・ルイユ(だまし絵)の手法で「ありえない世界」を創り上げたオランダの版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャー(1898~1972)。生誕120年を記念し、イスラエル博物館が所蔵する世界最大級のエッシャーコレクションが日本で初公開されます。昇っているのに降りていたり、異なる3方向に重力が働いていたりするような「実現不可能」な建築を描いた《相対性》など代表作の数々をはじめ、イタリアの風景を多く描いた初期作品から、緻密な構成と手業が窺い知れる貴重なドローイング、そして幅約4メートル弱の大作《メタモルフォーゼⅡ》まで、約150点が登場。「科学」「聖書」「風景」「人物」「広告」「技法」「反射」「錯視」の8つのキーワードから、“視覚の魔術師”エッシャーがどのようにして驚異的な作品を生み出していったのか、その創作の謎に迫る展覧会です。エッシャー作品の中に入りこんだかのような体験ができるデジタルコンテンツも登場。東京では約12年ぶりに開催される大規模展、デジタル時代ならではのエッシャーワールドを体感してみては。

以下の応募フォームにてご応募ください。
招待券の発送をもって当選者の発表に代えさせていただきます。

プレゼント番号【2】
生誕120年 イスラエル博物館所蔵
「ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵

[会場]東京・上野の森美術館
[会期]6月6日(水)~7月29日(日)
 巡回⇒大阪・あべのハルカス美術館 11月16日~2019年1月14日
 以後、福岡、愛媛に巡回予定
[休館日]会期中無休
[開館時間]10:00~17:00(金曜は~20:00)※いずれも入館は閉館の30分前まで
[問合せ]03-5777-8600(ハローダイヤル)※全日8:00-22:00
[詳細] www.escher.jp
[応募締切]4月24日(火)※プレゼントは東京展の招待券となります。

関連リンク

雑誌紹介