ホーム > News Headlines > 松浦寿輝×平野啓一郎「時代の転換期の『名誉と恍惚』」

イベント/書店情報

松浦寿輝×平野啓一郎「時代の転換期の『名誉と恍惚』」

『名誉と恍惚』(松浦寿輝著)刊行記念イベント

松浦寿輝×平野啓一郎「時代の転換期の『名誉と恍惚』」

 最新作『名誉と恍惚』で、戦争の影が差す「魔都」上海を舞台に、息もつかせぬスリリングな物語を描き切った松浦寿輝さん。盧溝橋事件以降の日中の近代史を背景に暴力や性愛など様々なテーマが浮かび上がる、この原稿用紙1300枚の大作をめぐって、『マチネの終わりに』がロングセラーを記録している平野啓一郎さんとの対談が実現します。
 平野さん自身、20代半ばで上梓した『葬送』では、19世紀のパリを舞台に「時代の転換期」を生きたショパンやドラクロワらの人間模様を、見事に描き出しました。歴史を材に取って作品を書くとはいかなることか、あるいは長篇小説を読む喜びとは――。
 現代日本を代表する文学者同士による貴重な対話に、どうぞご期待ください。

開催日時 2017年6月20日(火) 19:00〜20:30(受付開始18:30)
会場 la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko  東京都新宿区矢来町67
(東京メトロ東西線神楽坂駅矢来口出てすぐ)
問い合わせ先 新潮社ラカグ室
fax:03-3266-7185 E-mail:sokoinfo@shinchosha.co.jp
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 ■自由席/2,000円
■自由席(神楽坂ブック倶楽部会員限定)/1,800円

※トーク終了後に、松浦寿輝さん、平野啓一郎さんのサイン会を予定しております。書籍は会場でも販売いたします。なお、時間の都合上、サインは一著者につき1冊とさせていただきます。予めご了承ください。

※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。

※開場は開演の30分前です。

著者紹介

松浦寿輝マツウラ・ヒサキ

作家・詩人・仏文学者・批評家。東京大学名誉教授。1954年東京都生れ。東京大学大学院仏語仏文学専攻修士課程修了。パリ第III大学にて博士号(文学)を、東京大学にて博士号(学術)を取得。詩集に『冬の本』(高見順賞)『吃水都市』(萩原朔太郎賞)『afterward』(鮎川信夫賞)、小説に『花腐し』(芥川龍之介賞)『半島』(読売文学賞)『そこでゆっくりと死んでいきたい気持をそそる場所』『川の光』、エセー・評論に『折口信夫論』(三島由紀夫賞)『エッフェル塔試論』(吉田秀和賞)『知の庭園 一九世紀パリの空間装置』(芸術選奨文部大臣賞)など多数。2012年東大大学院教授を辞職、執筆に専念する。

平野啓一郎ヒラノ・ケイイチロウ

1975(昭和50)年、愛知県生れ。京都大学法学部卒。1999(平成11)年、大学在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により芥川賞を受賞。著書に『日蝕・一月物語』、『文明の憂鬱』、『葬送』(第一部・第二部)、『高瀬川』、『滴り落ちる時計たちの波紋』『あなたが、いなかった、あなた』、『決壊』(上・下)、『ドーン』、『かたちだけの愛』、『空白を満たしなさい』、『透明な迷宮』、『マチネの終わりに』などがある。

書籍紹介