ホーム > News Headlines > 神楽坂ブック倶楽部presents 鳥海修「書体で世界はがらりと変わる!~あなたは、どんな書体で読んでいますか~」

イベント/書店情報終了しました

神楽坂ブック倶楽部presents 鳥海修「書体で世界はがらりと変わる!~あなたは、どんな書体で読んでいますか~」

神楽坂ブック倶楽部presents 鳥海修「書体で世界はがらりと変わる!~あなたは、どんな書体で読んでいますか~」

本、ニュース、テロップ、書類……私たちが日々の暮らしで目にする文章は、どんな文字=書体を使っているかで、印象がまったく変わります。「書体で世界はがらりと変わる」と題した本講座、超好評につき、第2弾の開催が決定いたしました!
第1弾は、本を楽しむ会「神楽坂ブック倶楽部」の初イベントとして、“フォントの神”と呼ばれる書体設計士・鳥海修さんをお招きし、明朝体活字の変遷を中心とした日本の書体の歴史や、書体を見るうえでのポイントについてお話しいただきました。
イベントに参加された方からの熱い要望&満席だったために聴けなかった方のもっと熱い要望にお応えし、再び鳥海さんにご登場いただきます。
今回の主なテーマは、小説は書体によってどうイメージを変えていくのか。
時代小説に合う書体、谷川俊太郎の詩に合う書体、BLに合う書体とは? そして、それぞれを入れ換えてみると!? “神”とともに、書体の選び方や考え方についてお話しいただく夜、ぜひお越しください。
*****************************
《プロフィール》
■鳥海修(とりのうみ・おさむ)
書体設計士。1955年、山形県生まれ。多摩美術大学卒業。写植の時代から書体デザインを始め、ヒラギノシリーズや游書体ライブラリーなど、40以上の書体開発を手がけ、「フォントの神」と呼ばれる。有限会社字游工房代表取締役。京都精華大学教授。

■神楽坂ブック倶楽部
今年3月に発足した、本好きの集まりの会。新潮社や神楽坂おかみさん会など、地の有志で結成し、文学の街・神楽坂を応援していきます。https://twitter.com/kagubookclub

開催日時 2017年6月14日(水) 19:00〜20:30(受付開始18:30)
会場 la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko  東京都新宿区矢来町67
(東京メトロ東西線神楽坂駅矢来口出てすぐ)
問い合わせ先 新潮社ラカグ室
fax:03-3266-7185 E-mail:sokoinfo@shinchosha.co.jp
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 ■「神楽坂ブック倶楽部」会員限定券/1,500円
■一般券/2,000円

※購入されたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。ご了承ください。
※開場は開演の30分前になります。

関連リンク