ホーム > News Headlines > 宮部みゆき×京極夏彦「何でもアリの時代小説」

イベント/書店情報終了しました

宮部みゆき×京極夏彦「何でもアリの時代小説」

『この世の春』(宮部みゆき著)刊行記念トークイベント

宮部みゆき×京極夏彦「何でもアリの時代小説」

宮部みゆきさんと京極夏彦さんによる、スペシャルトークショーの開宴です!
宮部さんの最新長編小説『この世の春』(上・下)が8月31日に刊行されます。今年、作家生活30周年を迎える宮部さん。このスペシャルイヤーに刊行する単行本は、なんと『この世の春』のみ!
そんな30周年特別作品の出版を記念し、宮部さんと京極さんが、「時代小説の奥深さ」をテーマに、古今東西の時代小説について語り合います。時代小説はちょっと苦手、という方にこそ聞いてもらいたい、時代小説の面白さを追求する、またとないトークショーとなります。
進行は、新潮社で宮部みゆきさんを担当して25年の編集者で、小説講座の人気講師でもある佐藤誠一郎です。
時代小説の魅力に酔いしれること間違いなしの素敵な時間をお過ごしください。

開催日時 2017年9月12日(火) 19:00〜20:30(受付開始18:30)
会場 la kagu(ラカグ)2F レクチャースペースsoko  東京都新宿区矢来町67
(東京メトロ東西線神楽坂駅矢来口出てすぐ)
問い合わせ先 新潮社ラカグ室
fax:03-3266-7185 E-mail:sokoinfo@shinchosha.co.jp
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 ※イベント当日は18:30に開場し、チケットの番号順にご入場いただきます。開場時にいらっしゃらない方は、番号通りにご入場いただけない場合がございます。予めご了承ください。
※ご購入いただいたチケットは理由の如何を問わず、取替・変更・キャンセルはできません。

著者紹介

宮部みゆきミヤベ・ミユキ

1960(昭和35)年、東京生れ。1987年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。1989(平成元)年『魔術はささやく』で日本推理サスペンス大賞を受賞。1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞を受賞。1993年『火車』で山本周五郎賞を受賞。1997年『蒲生邸事件』で日本SF大賞を受賞。1999年には『理由』で直木賞を受賞。2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞、2002年には司馬遼太郎賞、芸術選奨文部科学大臣賞(文学部門)を受賞。2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞を受賞した。他の作品に『ソロモンの偽証』『英雄の書』『悲嘆の門』『小暮写眞館』『荒神』『この世の春』などがある。

京極夏彦キョウゴク・ナツヒコ

1963年北海道生まれ。1994年『姑獲鳥の夏』でデビュー。1996年『魍魎の匣』で第49回日本推理作家協会賞長篇部門を受賞。1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花賞を受賞。2000年第8回桑沢賞を受賞。2003年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞を受賞。2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞を受賞。2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞を受賞。

書籍紹介