プレゼント

芸術新潮 プレゼント【1】「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」のチケット

芸術新潮 2017年10月号
今月のプレゼント【1】

「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」のチケットを5組10名様にプレゼント!

(右)葛飾北斎《冨嶽三十六景 東海道程ヶ谷》 天保元~2年(1830~31)頃 横大判錦絵 25.7×37.8cm ミネアポリス美術館蔵 Minneapolis Institute of Art, Bequest of Richard P. Gale 74.1.237 Photo: Minneapolis Institute of Art
(左)クロード・モネ《陽を浴びるポプラ並木》 1891年 油彩、カンヴァス 93×73.5cm 国立西洋美術館蔵(松方コレクション)

世界で最も知られた日本人画家、葛飾北斎。19世紀後半に花開いたジャポニスムにおいて、広重、歌麿など多くの浮世絵師の作品が西洋に持ち込まれましたが、なかでも「HOKUSAI」は圧倒的な人気を誇りました。モネ、ドガ、セザンヌ、ゴッホ、ゴーガンら西洋の巨匠たちがいかに北斎作品に刺激を受け、新たな芸術を創り上げていったのか。西洋芸術の名作約200点と、北斎の名品約90点(錦絵約30点、版本約60冊/出品点数は予定、会期中展示替えあり)から、北斎が西洋に与えた衝撃をとらえる展覧会です。西洋の芸術家の眼を通して北斎の新たな魅力を発見する、東西の芸術の共演をお楽しみに。本誌11月号でも「神のごとき北斎 漫画と肉筆画」を大特集! 森羅万象を自在に描きつくした北斎の神技をたっぷりお届けします。

以下の応募フォームにてご応募ください。
招待券の発送をもって当選者の発表に代えさせていただきます。

プレゼント番号【1】
「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」

[会場]東京・国立西洋美術館
[会期]10月21日(土)~2018年1月28日(日)
[休館日]月曜日(1月8日は開館)、12月28日~1月1日、1月9日
[開館時間]9:30~17:30(金、土曜日は~20:00。ただし 11月18日は~17:30)
 ※いずれも入館は閉館の30分前まで
[問合せ]03-5777-8600(ハローダイヤル)
[詳細] hokusai-japonisme.jp
[応募締切]10月24日(火)

関連リンク

雑誌紹介