文学賞

蓮如賞受賞!『宮沢賢治の真実―修羅を生きた詩人―』

 2017年10月10日、第15回蓮如賞(主催:本願寺文化興隆財団、選考委員:梅原猛柳田邦男山折哲雄)の選考会が行われ、今野勉宮沢賢治の真実―修羅を生きた詩人―』が選ばれました。
 同賞は「日本の精神文化の深淵を探るノンフィクション作品に贈与」されるもので、新潮社の本では2013年に岩橋邦枝評伝 野上彌生子―迷路を抜けて森へ―』、2009年に三田村雅子記憶の中の源氏物語』が受賞しています。授賞式は12月12日。

関連リンク

著者紹介

今野勉コンノ・ツトム

プロデューサー・ディレクター・演出家・脚本家・テレビマンユニオン最高顧問。1936年秋田県生まれ。1959年東北大学文学部卒業、ラジオ東京(現TBS)入社。1970年TBS退社、日本初の独立系テレビ番組制作会社「テレビマンユニオン」創設に参加。テレビ草創期から数多くのドラマやドキュメンタリーの制作に携わり、既成の枠を超えてテレビ表現を追求する。著書に『テレビの嘘を見破る』(新潮新書)、『金子みすゞふたたび』(小学館文庫)などがある。

書籍紹介