ホーム > News Headlines > 『詩人なんて呼ばれて』刊行記念 谷川俊太郎×尾崎真理子 対談講演会

イベント/書店情報終了しました

『詩人なんて呼ばれて』刊行記念 谷川俊太郎×尾崎真理子 対談講演会

『詩人なんて呼ばれて』の刊行を記念して教文館6階 ナルニア国店内にて谷川俊太郎さん×尾崎真理子さんの対談講演会を開催します。

『詩人なんて呼ばれて』刊行記念 谷川俊太郎×尾崎真理子 対談講演会

開催日時 2017年11月14日(火) 18:00〜19:30(受付17時40分)
会場 教文館6階 ナルニア国店内
問い合わせ先 Tel.03-3563-0730(午前10時~午後8時)
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 【申込方法】
(1)この講演会はナルニア国発行の「イベント優先参加券」使用可能の講演会です。
「イベント優先参加券」をお持ちの方はぜひご利用ください。
下記の日程で電話予約を受付いたしますので、「イベント優先参加券使用」とお伝えください。
★優先期間:2017年10月16日(月)~18(水)の3日間★
(2)一般電話予約受付開始:10月19日(木)午前10時より
参加ご希望の方はお電話でナルニア国までご連絡ください。
定員に達した時点で受付を終了いたします。
申込み電話番号:03-3563-0730(午前10時~午後8時)
※1コール1名様のみ

著者紹介

谷川俊太郎タニカワ・シュンタロウ

1931年東京生れ。詩人。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。以来2500を超える詩を創作、海外でも評価が高まる。多数の詩集、散文、絵本、童話、翻訳があり、脚本、作詞、写真、ビデオも手がける。1983年『日々の地図』で読売文学賞、1993年『世間知ラズ』で萩原朔太郎賞、2010年『トロムソコラージュ』で鮎川信夫賞など。代表作に『六十二のソネット』『旅』『夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった』『はだか』『私』など。近刊に覚和歌子との『対詩 2馬力』がある。

尾崎真理子オザキ・マリコ

1959年宮崎生まれ。青山学院大学文学部卒業後、読売新聞社に入社。1992年より文化部記者として、文芸月評、作家のインタビュー、連載小説などを担当する。東京本社文化部長を経て編集委員。著書に『現代日本の小説』、『大江健三郎 作家自身を語る』(大江氏との共著)、2015年『ひみつの王国 評伝 石井桃子』で芸術選奨文部科学大臣賞、新田次郎文学賞、同作品を含む活動で2016年度日本記者クラブ賞を受賞した。

書籍紹介