ホーム > News Headlines > 松家仁之 × 加藤典洋「記憶が織りなす物語」『光の犬』刊行記念トークイベント

イベント/書店情報終了しました

松家仁之 × 加藤典洋「記憶が織りなす物語」『光の犬』刊行記念トークイベント

整理券の配布は終了致しました

松家仁之 × 加藤典洋「記憶が織りなす物語」『光の犬』刊行記念トークイベント

開催日時 2017年11月20日(月)19:30〜(19:00開場)
会場 ジュンク堂 池袋本店 4F 喫茶(東京都豊島区南池袋2-15-5)
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 受付を終了しました。

著者紹介

松家仁之マツイエ・マサシ

1958年、東京生まれ。編集者を経て、2012年、長篇小説『火山のふもとで』を発表(第64回読売文学賞受賞)。『沈むフランシス』(2013)、『優雅なのかどうか、わからない』(2014)につづき、『光の犬』は四作目。編著・共著に『新しい須賀敦子』『須賀敦子の手紙』、新潮クレスト・ブックス・アンソロジー『美しい子ども』ほか。

加藤典洋カトウ・ノリヒロ

1948年、山形県生まれ。文芸評論家。東京大学文学部卒業。著書に『アメリカの影―戦後再見―』、『言語表現法講義』(新潮学芸賞)、『敗戦後論』(伊藤整文学賞)、『テクストから遠く離れて』『小説の未来』(桑原武夫学芸賞)、『村上春樹の短編を英語で読む1979~2011』『3.11死に神に突き飛ばされる』『小さな天体―全サバティカル日記―』ほか多数。共著に鶴見俊輔・黒川創との『日米交換船』、高橋源一郎との『吉本隆明がぼくたちに遺したもの』ほか。

書籍紹介