プレゼント

芸術新潮 プレゼント【2】「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜」の無料観覧券

芸術新潮 2017年12月号
今月のプレゼント【2】

「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜」の無料観覧券を5組10名様にプレゼント!

Image
ピーテル・ブリューゲル2世 《野外での婚礼の踊り》 1610年頃 油彩・板 74.2×94.0cm Private Collection
Image
ヤン・ブリューゲル1世、ヤン・ブリューゲル2世 《机上の花瓶に入ったチューリップと薔薇》 1615~20年頃 
油彩・板 40.0✕29.2cm Private Collection

聖書や民衆の生活を題材にした寓意と風刺に満ちた作品で知られるピーテル・ブリューゲル1世。16世紀のフランドルを代表するこの大画家が没したのち、長男のピーテル・ブリューゲル2世は父の模倣作(コピー)を工房で量産し普及に努め、次男のヤン・ブリューゲル1世は細密描写に優れた静物画で「花のブリューゲル」と呼ばれ活躍しました。さらに孫、曾孫の代まで画業が受け継がれ、150年にわたる画家一族として名声を博しました。本展では、当代一の画家一族であったブリューゲル一族の作品を中心に、宗教画、風景画、寓意画、静物画などおよそ100点により16、17世紀のフランドル絵画を紹介。出品作の多くはプライベート・コレクションで、ほとんどが日本初公開となります。2018年の注目展覧会情報を一挙にお届けする本誌12月号でも、ブリューゲル一族の系譜を分かりやすく解説。一読して本展を観ればもう混同の心配御無用、あなたもブリューゲル通に!

以下の応募フォームにてご応募ください。
招待券の発送をもって当選者の発表に代えさせていただきます。

プレゼント番号【2】
「ブリューゲル展 画家一族 150年の系譜」

[会場]東京都美術館
[会期]2018年1月23日(火)~4月1日(日)
 巡回⇒愛知・豊田市美術館 2018年4月24日~7月16日
 北海道・札幌芸術の森美術館 2018年7月28日~9月24日
 以後、広島、福島に巡回予定
[休室日]月曜日(ただし2月12日は開室)、2月13日
[開室時間]9:30~17:30(金曜日は~20:00)※いずれも入室は閉室の30分前まで
[問合せ]03-5777-8600(ハローダイヤル)
[詳細] www.ntv.co.jp/brueghel
[応募締切]12月24日(日)※プレゼントは東京展の観覧券となります。

関連リンク

雑誌紹介