プレゼント

芸術新潮 プレゼント【2】「猪熊弦一郎展 猫たち」のチケット

芸術新潮 2018年2月号
今月のプレゼント【2】

「猪熊弦一郎展 猫たち」のチケットを5組10名様にプレゼント!

Image
猪熊弦一郎《題名不明》 1987年 インク、紙 10.2×15.2cm
(2点とも)丸亀市猪熊弦一郎現代美術館蔵 © The MIMOCA Foundation 無断転載禁止
Image
猪熊弦一郎《猫と食卓》 1952年 油彩、カンヴァス 73.0×61.0cm

猫派待望の展覧会が、この春東京にやってくる。マティスに師事し、戦後はニューヨークやハワイを拠点に、90歳で没するまで生涯現役で活躍した画家・猪熊弦一郎(1902~1993)。多い時は1ダースの猫を飼っていたほどの愛猫家であり、日々の暮らしの中で猫たちののびのびとした姿を描きました。具象と抽象を自由に行き来した画家が捉えた猫たちは、色も形も実にユニーク。地元の丸亀市猪熊弦一郎現代美術館には、700点にのぼる猫をモティーフとした作品が収蔵されており、2015年に同館で開催された「猫達」展は全国から美術ファン、猫好きが訪れ好評を博しました。このたびの東京展では、素描、水彩、油彩など百数十点を展示。「愛しているところに美がある」(「少年朝日」1950年12月号)と語っていた“いのくまさん”の猫愛をご覧ください。

以下の応募フォームにてご応募ください。
招待券の発送をもって当選者の発表に代えさせていただきます。

プレゼント番号【2】
「猪熊弦一郎展 猫たち」

[会場]東京・Bunkamura ザ・ミュージアム
[会期]3月20日(火)~4月18日(水)
[休館日]会期中無休
[開館時間]10:00~18:00(金曜日、土曜日は~21:00)
 ※いずれも入館は閉館の30分前まで
[問合せ]03-5777-8600(ハローダイヤル)
[詳細] http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/18_inokuma/
[応募締切]2月24日(土)

関連リンク

雑誌紹介