ホーム > News Headlines > 谷川俊太郎展 TANIKAWA Shuntaro

イベント/書店情報終了しました

谷川俊太郎展 東京オペラシティで開催!

日本で一番知られている詩人・谷川俊太郎。その「現在」に焦点をあて、影響を受けた「もの」や音楽、家族写真、大切な人たちとの書簡、コレクション、暮らしの断片や、知られざる仕事を織り交ぜ、詩が生まれる瞬間にふれる試みです。本展のために書き下ろされる詩や、音楽家・小山田圭吾(コーネリアス)とインターフェイスデザイナー中村勇吾(tha ltd.)とのコラボレーションも。『詩人なんて呼ばれて』(小社刊)も展示・販売されています。

谷川俊太郎展 TANIKAWA Shuntaro

開催日時 2018年1月13日(土)~3月25日(日)
会場 東京オペラシティアートギャラリー
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 入場料:一般 1,200円(1,000円)、大学・高校生 800円(600円)、中学生以下無料

著者紹介

谷川俊太郎タニカワ・シュンタロウ

1931年東京生れ。詩人。1952年第一詩集『二十億光年の孤独』を刊行。以来2500を超える詩を創作、海外でも評価が高まる。多数の詩集、散文、絵本、童話、翻訳があり、脚本、作詞、写真、ビデオも手がける。1983年『日々の地図』で読売文学賞、1993年『世間知ラズ』で萩原朔太郎賞、2010年『トロムソコラージュ』で鮎川信夫賞など。代表作に『六十二のソネット』『旅』『夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった』『はだか』『私』など。近刊に覚和歌子との『対詩 2馬力』がある。

書籍紹介