ホーム > News Headlines > 『ファミリー・ライフ』刊行記念アキール・シャルマ × 小野 正嗣トークイベント 祈ること、小説を書くこと

イベント/書店情報終了しました

『ファミリー・ライフ』刊行記念アキール・シャルマ × 小野 正嗣トークイベント 祈ること、小説を書くこと

『ファミリー・ライフ』の刊行を記念して著者のアキール・シャルマさん × 翻訳を手がけた小野正嗣さんのトークイベントを開催します。

『ファミリー・ライフ』刊行記念アキール・シャルマ × 小野 正嗣トークイベント 祈ること、小説を書くこと

開催日時 2018年3月13(火)19:30〜(19:00開場)
会場 ジュンク堂書店 池袋本店
(東京都豊島区南池袋2-15-5)

問い合わせ先 ジュンク堂書店 池袋本店
TEL 03-5956-6111
URL 詳細はこちらをご覧ください。
備考 有料/要事前予約

著者紹介

アキール・シャルマSharma,Akhil

1971年、インド・デリー生まれ。8歳で家族とともにニューヨークに移住、ニュージャージーで育つ。プリンストン大学でトニ・モリスン、ポール・オース ター、ジョイス・キャロル・オーツらのもと創作を学ぶ。2000年発表のデビュー長編An Obedient FatherでPEN/へミングウェイ賞受賞後、ハーヴァード大学ロースクールで学び、投資銀行に数年間勤務。その後創作活動に専念し、第二長編である本作でフォリオ賞(2015)および国際IMPACダブリン文学賞(2016)を受賞。ニューヨーク在住、ラトガーズ大学で教鞭を取る。

小野正嗣オノ・マサツグ

1970年、大分県生まれ。小説家、仏語文学研究者。「水に埋もれる墓」で朝日新人文学賞、『にぎやかな湾に背負われた船』で三島由紀夫賞、『九年前の祈り』で芥川龍之介賞受賞。訳書にV・S・ナイポール『ミゲル・ストリート』(小沢自然との共訳)、ポール・ニザン「アデン、アラビア」ほか。

書籍紹介