ホーム > 文学賞 > 川端康成文学賞 > 過去の受賞作品 > 第40回 川端康成文学賞 受賞作品

第40回 川端康成文学賞

主催:川端康成記念会 後援:新潮社 発表誌:「新潮」

 第40回 川端康成文学賞 受賞作品

すっぽん心中

戌井昭人

「新潮」 平成25年1月号

受賞のことば

「引越し祝いだ、すっぽん食べにいこう、奢ってやる」と、以前浅草に引越したとき、友達が浅草寺裏にあるすっぽん料理屋に連れていってくれました。そのとき店の主人が「数日前、若いカップルが、霞ヶ浦で捕ってきたすっぽんを売りにきたんですよ、買いませんでしたけど」と話していたのです。
 わたしは、すっぽんを買ってもらえず落胆した二人の顔を想像してみました。金に困っていたのだろうか? 買ってもらえなかったすっぽんは食べたのだろうか? そして、いつか小説に書きたいと思っていました。
 今回、川端賞の受賞を聞いたとき、正直、あまり実感がわきませんでした。これまでの経験で、賞というものは落ちるもの、といった気持ちだったので、なんだか他人事みたいなのでした。しかしこれまでの受賞作や候補作を眺めていたら、好きな小説がたくさんあって、自分がここに入っていいのだろうかと、ちょっと尻込してきました。一方でやたら嬉しく思えてきました。どうもありがとうございます。

戌井昭人氏略歴〕

一九七一年、東京生まれ。玉川大学文学部芸術学科で演劇を専攻し、卒業後、文学座附属演劇研究所に入所。九七年、パフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」を旗揚げ。著書に『まずいスープ』『ぴんぞろ』『俳優・亀岡拓次』『松竹梅』『ひっ』『すっぽん心中』。

 第40回 川端康成文学賞 候補作品

すっぽん心中 戌井昭人 「新潮」 平成25年1月号
糸杉 中村文則
あなめ 藤沢周
野焼 佐伯一麦
いたちなく 小山田浩子
アイデンティティ 藤野可織

過去の受賞作品

新潮社刊行の受賞作品

受賞発表誌