ホーム > 文学賞 > 川端康成文学賞 > 過去の受賞作品 > 第41回 川端康成文学賞 受賞作品

第41回 川端康成文学賞

主催:川端康成記念会 後援:新潮社 発表誌:「新潮」

 第41回 川端康成文学賞 受賞作品

レールの向こう

大城立裕

「新潮」 平成26年5月号

受賞のことば

 妻の病気をきっかけにして作品が生まれたとは、申しわけない作家根性というべきかとも思うが、ただ、文学の後輩の急死への追悼とかかわらせることで、単なる私的感傷を避けえたという自負がある。そして、この作品で川端康成賞をいただけるということを、なんともありがたく、また申し訳が立ったかとも思う。妻と真久田正さんの霊へ、思いは深い。
 この賞の候補にあがること三度目であるが、前の二作よりよくできたという満足感もあるので、ここまで待ってよかったとも思う。すれすれの齢八十九歳。行く先にたぶん最高の手土産になろうか。
 選考委員の皆さんと「新潮」編集部にあつくお礼を申し上げます。

大城立裕氏略歴〕

一九二五年、沖縄生まれ。上海の東亜同文書院大学予科に入学(終戦による大学閉鎖のため中退)。一九六七年、『カクテル・パーティー』で沖縄初の芥川賞作家となり、戦後の沖縄文学を牽引する。著書に『小説琉球処分』『日の果てから』『普天間よ』等。

 第41回 川端康成文学賞 候補作品

形見 川上弘美
東天紅 玄侑宗久
手摺りを伝って 松浦寿輝
レールの向こう 大城立裕 「新潮」 平成26年5月号
彼岸花 小山田浩子
消えた蜜蜂 平野啓一郎

過去の受賞作品

新潮社刊行の受賞作品

受賞発表誌