ホーム > 文学賞 > 川端康成文学賞 > 過去の受賞作品 > 第42回 川端康成文学賞 受賞作品

川端康成文学賞

主催:川端康成記念会 後援:新潮社 発表誌:「新潮」

 第42回 川端康成文学賞 受賞作品

生鮮てるてる坊主

山田詠美

「群像」 平成27年9月号

受賞のことば

 捻挫と思われた足の怪我が、案外と面倒くさい骨折であるのが判明し、杖をついて歩きながら腐っていたある日、コンビニから帰って来た夫がくじに当たってビールのロング缶をもらったと喜んでいました。喜びのハードルの下がっていた私も一緒になって大喜び。そうしたら、その夕方、川端賞受賞の知らせを受けて、さらにさらに大喜び。しかし、夜になって熊本の地震のニュースが飛び込んで来て、その被害のすさまじさに息を呑むばかりとなりました。TV画面を見詰めながら私が思ったのは、一寸先の闇と光のこと。そして、一寸手前にあった闇と光のこと。そのはざまに確実に存在する私にしか見えないものを、この先も言葉にして行きたいです。

山田詠美氏略歴〕

一九五九年、東京生まれ。一九八五年、『ベッドタイムアイズ』で文藝賞を受賞し作家デビュー。一九八七年、『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で直木賞を受賞。他の著作に『風味絶佳』(谷崎潤一郎賞)、『ジェントルマン』(野間文芸賞)など。

 第42回 川端康成文学賞 候補作品

呼び声、もしくはサンザシ 金井美恵子
ふるさと いしいしんじ
ある失踪 石原慎太郎
三井愛子の悩み事 玄月
藤沢周
生鮮てるてる坊主 山田詠美 「群像」 平成27年9月号

選考委員

審査委員の津島佑子氏は二月十八日に逝去されたため、第四十二回の選考は四人の審査委員によって行われました。

過去の受賞作品

新潮社刊行の受賞作品

受賞発表誌