新潮社

『きげんのいいリス』トーン・テレヘン/著、長山さき/訳

リスは、なにげない話が好きだった。
どうでもいいような、だいじな話が。

Image

ブナの樹のうえに暮らす忘れっぽいリス。知っていることが多すぎて頭の重いアリ。始終たずねてきてはあちこち壊す不器用なゾウ。思いとどまってばかりのイカ。
自分の吠え声がこわくなったライオン。小さいことばかり考えているカブトムシ。
自分がヘンかどうかいつも気にしているタコ。

あなたに似た、
悩めるどうぶつがきっといる。

Image

『きげんのいいリス』特製ポストカード(5枚組)読者プレゼント

終了しました

【100名様に当たります】
書籍『きげんのいいリス』の帯についている応募券をはがきに貼ってお送りください。
締切は2018年6月30日(当日消印有効)です。
詳しい応募方法は本書の帯をご覧ください。

祖敷大輔さんによるオリジナルカラーイラストです。

Image
Image

著者プロフィール

トーン・テレヘン

トーン・テレヘンTellegen,Toon

1941年、医師の父とロシア人の母のもと、 オランダ南部の島に誕生。ユトレヒト大学で医学を修め、ケニアでマサイ族の医師を務めたのちアムステルダムで開業医に。1984年、幼い娘のために書いた動物たちの物語『一日もかかさずに』を刊行。以後、動物を主人公とする本を50作以上発表し、文学賞を多数受賞。取材嫌いでメディアにほとんど登場しないが、オランダ出版界と読者の敬愛を一身に集めている。2016年邦訳の『ハリネズミの願い』で本屋大賞翻訳小説部門受賞。

長山さき

長山さきナガヤマ・サキ

1963年神戸生まれ。関西学院大学大学院修士課程修了。文化人類学を学ぶ。1987年、オランダ政府奨学生としてライデン大学に留学。以後オランダに暮らし、2018年4月現在アムステルダム在住。訳書にトーン・テレヘン『ハリネズミの願い』『おじいさんに聞いた話』、ハリー・ムリシュ『天国の発見』『過程』、ディミトリ・フェルフルスト『残念な日々』、ウィレム・ユーケス『よい旅を』ほか。

著者プロフィール

トーン・テレヘンTellegen,Toon

1941年、医師の父とロシア人の母のもと、 オランダ南部の島に誕生。ユトレヒト大学で医学を修め、ケニアでマサイ族の医師を務めたのちアムステルダムで開業医に。1984年、幼い娘のために書いた動物たちの物語『一日もかかさずに』を刊行。以後、動物を主人公とする本を50作以上発表し、文学賞を多数受賞。取材嫌いでメディアにほとんど登場しないが、オランダ出版界と読者の敬愛を一身に集めている。2016年邦訳の『ハリネズミの願い』で本屋大賞翻訳小説部門受賞。

トーン・テレヘン

長山さきナガヤマ・サキ

1963年神戸生まれ。関西学院大学大学院修士課程修了。文化人類学を学ぶ。1987年、オランダ政府奨学生としてライデン大学に留学。以後オランダに暮らし、2018年4月現在アムステルダム在住。訳書にトーン・テレヘン『ハリネズミの願い』『おじいさんに聞いた話』、ハリー・ムリシュ『天国の発見』『過程』、ディミトリ・フェルフルスト『残念な日々』、ウィレム・ユーケス『よい旅を』ほか。

長山さき

 インタビュー
長山さき/ライデンのアパートから

 書店員さんの声
“この物語をとても優しいと感じるのは、単にどうぶつたちが愛らしいからではなく、彼らはお互いの悩みや考えを否定しないからだと思う。”

ネット書店で購入

2018年4月26日刊行 1,404円(税込)

  • Twitter
  • facebook
  • LINE
ハリネズミの願い