ホーム > 小説新潮作家名鑑 > vol.16 越谷オサム

小説新潮作家名鑑

作家は普段どんな生活をしているのだろうか?
取材、執筆の様子から息抜きの方法まで、新進気鋭の素顔にカメラが迫る!

vol.16 越谷オサム

執筆のため始めた稽古は9年目。あの作品はこうして生まれた!

vol.16 越谷オサム

小説新潮作家名鑑は「小説新潮」にてご覧いただけます。

小説新潮2018年6月号
小説新潮2018年6月号より

著者プロフィール

越谷オサム

越谷オサムコシガヤ・オサム

1971(昭和46)年、東京生れ。2004(平成16)年、日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作『ボーナス・トラック』でデビュー。他の著作に『階段途中のビッグ・ノイズ』『陽だまりの彼女』『空色メモリ』『金曜のバカ』『せきれい荘のタマル』『いとみち』『いとみち 二の糸』『いとみち 三の糸』など。

著者プロフィール

越谷オサムコシガヤ・オサム

1971(昭和46)年、東京生れ。2004(平成16)年、日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作『ボーナス・トラック』でデビュー。他の著作に『階段途中のビッグ・ノイズ』『陽だまりの彼女』『空色メモリ』『金曜のバカ』『せきれい荘のタマル』『いとみち』『いとみち 二の糸』『いとみち 三の糸』など。

越谷オサム