ホーム > 小説新潮作家名鑑 > vol.4 梶よう子

小説新潮作家名鑑

作家は普段どんな生活をしているのだろうか?
取材、執筆の様子から息抜きの方法まで、新進気鋭の素顔にカメラが迫る!

vol.4 梶よう子

気鋭の時代小説家が力作を発表し続けられる秘訣、ここにあり。

vol.4 梶よう子

小説新潮作家名鑑は「小説新潮」にてご覧いただけます。

小説新潮2017年4月号

小説新潮2017年4月号より

著者プロフィール

梶よう子

梶よう子カジ・ヨウコ

東京都生まれ。フリーライターとして活動するかたわら小説を執筆。2005(平成17)年「い草の花」で九州さが大衆文学賞を受賞。2008年「一朝の夢」で松本清張賞を受賞。2016年『ヨイ豊』で直木賞候補、同年、同作で歴史時代作家クラブ賞作品賞受賞。著書に、みとやシリーズの第二作『五弁の秋花 みとや・お瑛仕入帖』のほか、『一朝の夢』『柿のへた御薬園同心水上草介』『立身いたしたく候』『宝の山 商い同心お調べ帖』『ことり屋おけい探鳥双紙』『葵の月』『北斎まんだら』など多数。

著者プロフィール

梶よう子カジ・ヨウコ

東京都生まれ。フリーライターとして活動するかたわら小説を執筆。2005(平成17)年「い草の花」で九州さが大衆文学賞を受賞。2008年「一朝の夢」で松本清張賞を受賞。2016年『ヨイ豊』で直木賞候補、同年、同作で歴史時代作家クラブ賞作品賞受賞。著書に、みとやシリーズの第二作『五弁の秋花 みとや・お瑛仕入帖』のほか、『一朝の夢』『柿のへた御薬園同心水上草介』『立身いたしたく候』『宝の山 商い同心お調べ帖』『ことり屋おけい探鳥双紙』『葵の月』『北斎まんだら』など多数。

梶よう子