ホーム > 小説新潮作家名鑑 > vol.9 志川節子

小説新潮作家名鑑

作家は普段どんな生活をしているのだろうか?
取材、執筆の様子から息抜きの方法まで、新進気鋭の素顔にカメラが迫る!

vol.9 志川節子

オンとオフ、好きなものに囲まれて見せる、飾らない素顔。

vol.9 志川節子

小説新潮作家名鑑は「小説新潮」にてご覧いただけます。

小説新潮2017年10月号

小説新潮2017年10月号より

著者プロフィール

志川節子

志川節子シガワ・セツコ

1971(昭和46年)年、島根県生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、会社勤務を経て、2003(平成15)年「七転び」で第83回オール讀物新人賞を受賞。2013年『春はそこまで 風待ち小路の人々』が第148回直木三十五賞候補に。清廉な人物描写、江戸の気配を情感豊かに伝える文章に定評がある。その他の著書に『手のひら、ひらひら 江戸吉原七色彩』がある。

著者プロフィール

志川節子シガワ・セツコ

1971(昭和46年)年、島根県生まれ。早稲田大学第一文学部を卒業後、会社勤務を経て、2003(平成15)年「七転び」で第83回オール讀物新人賞を受賞。2013年『春はそこまで 風待ち小路の人々』が第148回直木三十五賞候補に。清廉な人物描写、江戸の気配を情感豊かに伝える文章に定評がある。その他の著書に『手のひら、ひらひら 江戸吉原七色彩』がある。

志川節子