2006年12月08日 |
そういえば、みなさん、見つけてくださいました?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『みぃつけた』には、いろんな楽しい遊びがあります。

 【初級編】
○ほとんど全ページにうじゃうじゃ登場する鳴家の中に一匹(一人?)だけ模様の違う腰巻きをしている者がいる
○栴檀(せんだん)は双葉より芳しとはよく言ったもので、美男子はやっぱり子どもの頃からかっこいい! というある意味、自明の理が分かる
○影絵を透かしてみると、鳴家の形にぴたりとあっている

 【中級編】
○「屏風のぞき」は昔から若だんなの部屋にいたんだなぁということが感じられるイラストがある
○鳴家以外の妖が一人だけ登場している

ここまでは、『みぃつけた』を読んでくれた人から「こんなシーンがあっておもしろかったよ!」とか「ああいう遊びはワクワクするね」などお褒めの言葉を頂くこともあるので、みなさん、気がついていらっしゃることでしょう。

しかし! 上級編のこれは、いままで一度も指摘されたことがない一級品の「お遊び」です。

 【上級編】
○なんと、おこぐとあゆぞうが『みぃつけた』のどこかにこっそり紛れ込んでいる。

さて、あなたはいくつ気がつきましたか?
[答えはコチラ→]『みぃつけた』でみぃつけた!
火事で焼けてしまった旧長崎屋と新しく完成した長崎屋を大公開! 謎につつまれていた2階の様子も見れます。
パソコンやケータイ、iPhone/iPad用の壁紙や幻の傑作イラストをプリントして塗り絵としてもを楽しめます。
畠中恵さんの対談やインタビューなどを読むことができます。しゃばけシリーズの立ち読みや書評もご覧頂けます。
しゃばけシリーズの刊行情報やイベント情報、オリジナルグッズ、そして公式サイトの特典情報などをお知らせするメールマガジンです。

しゃばけメールマガジンを購読する
新潮社で刊行される畠中恵さんの新刊情報をいち早くお知らせします。

新刊お知らせメールに登録する
鳴家たちがみなさまのお声を承ります。ご意見・ご感想をお待ちしております。

メッセージを送る