2017年06月02日 |
「しゃばけ」シリーズの順番。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さまこんにちは、文庫女中のおしまです。

「しゃばけ」シリーズはこれまで全15作が刊行されていますが、
どの巻から読んでも楽しめるようにと、畠屋さんが物語の冒頭では必ず、
長崎屋と若だんなたちのことが簡単に紹介
してくださっています。

ですから、各作品には特に「しゃばけシリーズ〇巻」などと、
巻数は振っておりません。
でも、最初から順に読みたいよーという人もいらっしゃるかと思いますので、
今回は以下に、順番をご紹介します!

1『しゃばけ
2『ぬしさまへ
3『ねこのばば
4『おまけのこ
5『うそうそ
6『ちんぷんかん
7『いっちばん
8『ころころろ
9『ゆんでめて
10『やなりいなり
11『ひなこまち
12『たぶんねこ
13『すえずえ
14『なりたい
15『おおあたり

の順でございます。
ちなみに『えどさがし』はスピンオフ短編集です。

途中から読み始めても面白いですが、あたまから順に読んでいくと、
若だんなの成長ぶりが感じられて、母のような気持ちになれるかもしれませんよ~。
火事で焼けてしまった旧長崎屋と新しく完成した長崎屋を大公開! 謎につつまれていた2階の様子も見れます。
パソコンやケータイ、iPhone/iPad用の壁紙や幻の傑作イラストをプリントして塗り絵としてもを楽しめます。
畠中恵さんの対談やインタビューなどを読むことができます。しゃばけシリーズの立ち読みや書評もご覧頂けます。
しゃばけシリーズの刊行情報やイベント情報、オリジナルグッズ、そして公式サイトの特典情報などをお知らせするメールマガジンです。

しゃばけメールマガジンを購読する
新潮社で刊行される畠中恵さんの新刊情報をいち早くお知らせします。

新刊お知らせメールに登録する
鳴家たちがみなさまのお声を承ります。ご意見・ご感想をお待ちしております。

メッセージを送る