プレゼント
2018年07月02日 |

皆さま、こんにちは。
長崎屋の奉公人のあゆぞうです。
関東地方は梅雨明けしましたねぇ!
今年は梅雨が短かったという印象ですが、
皆さま、お変わりなくお過ごしでしょうか!

さて、今日は、先日告知させていただいた通り、
「山本海苔 海苔ちっぷす×しゃばけ特製缶(柴田ゆう画)2缶セット」
のデザインを発表しちゃいます!
きゅわきゅわなデザインはこちらです~!!


超超超、可愛いと思いませんか!?
あゆぞう、鳴家を手の上にのせてみたいとずっと妄想しておりまして、
デザイナーさんに「手乗り鳴家」的なデザインをお願いたしたところ、
こんなに可愛い缶が!!
缶を手の上にのせると、まさに、手に乗る鳴家!!
おぅ! 超きゅーと♪
最大級のきゅわきゅわです~。
500名の皆さまにプレゼントいたしますよ。
お楽しみに!!

そして、今日、あゆぞうは、
とてもとてもスペシャルに素敵な方に、
むすびつき』の書評インタビューをさせていただきました。
そのお方とは、いったい、どなたでしょうか?
ヒントは、ミュージカル「しゃばけ」の……。

近々、大発表させていただきますよ~!
それでは~。
2018年06月22日 |

皆さま、こんにちは。
長崎屋奉公人のあゆぞうです。

まずは、このたびの群馬県の地震と、大阪府の地震で被災された皆さま、
ご家族、ならびにご関係者の皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

さて、「しゃばけ」シリーズ最新刊『むすびつき』の刊行まで、
残すところ、あと一ヶ月ほどとなりました。
春からずっと、
長崎屋奉公人一同で、
今年の読者プレゼントのアイディアを出し合っていたのですが、
遂に決まりましたので、ご報告いたします。

今年はなんと、
あの、老舗海苔メーカー「山本海苔店」さんと
コラボさせていただけることになりまして、

山本海苔 海苔ちっぷす×しゃばけ特製缶(柴田ゆう画)2缶セット

500名の皆さまにプレゼントしちゃいます!

皆さまは、「山本海苔」さんの「海苔ちっぷす」を
召し上がったことはありますか?
とても美味しいですよ。
あゆぞうの大好物です!
鳴家たちもきゅわきゅわ大騒ぎしながら、食べています!

「海苔ちっぷす」は、鳴家がデザインされたキュートな
特製缶に入っているのですが、
そのデザインは、次回の奉公人日記で公開いたしますね!

いったいどういうデザインになっているのでしょうか?
皆さま、どうぞお楽しみに!!
2018年02月05日 |

皆さま、こんにちは。文庫女中のおしまです。

先日は文庫『なりたい』の読者プレゼント、
「榮太樓飴×しゃばけコラボ缶」への
ご応募誠にありがとうございました!

いただいた皆さまからのメッセージは、
畠中さん、柴田さんと
来る抽選会にて拝読させていただきます。

さて、抽選会はまだ先ではございますが、
本日「榮太樓飴×しゃばけコラボ缶」の
見本ができあがりました!
箱もついているんですよ~。


ひと足先に味見させていただきましたが、
乾燥した喉に沁みるやさしい甘味にうっとり。
若だんなも食べたのかなあ~。

当選した方に 届くのは、3月以降になります。

わくわくしながらお待ちいただければ幸いです!
2017年12月11日 |
こんにちは、文庫女中のおしまです。
毎日のように、バーチャル長崎屋に
なりたい』読者プレゼントのご応募はがきが
たくさん送られてきて、ほくほく顔の奉公人一同でございます。
おはがきを下さった皆さま、ありがとうございます!

今回の読者プレゼントは、お知らせしておりますとおり、
榮太樓飴☓しゃばけ特製缶 二缶セット!

いつもながら、皆さまの畠中さん、
柴田さんへのあたたかいメッセージや、
キャラクターへの熱い愛が込められたおはがきが、
本当にうれしいです。
ときどきおはがきに、
「黄色を希望!」「赤がほしいです!」といった
コメントがありますが、
皆さま、今回は、黄色と赤の二缶セットなんです。
両方プレゼントいたしますよ!!

応募締め切りは2018年1月15日です。
まだ1か月ちょっとありますが、
年末年始のあわただしい時期ですから、
お忘れなきよう、おしらせいたしました。

くわしくは文庫『なりたい』のオビをご覧くださいね!
2017年11月24日 |

こんにちは、おしまです。
先週もおしらせしましたが、いよいよしゃばけシリーズ第14弾
なりたい』文庫版が、来週11月29日に発売となります。

先週その読者プレゼントである、
「榮太樓飴☓しゃばけ特製缶 二缶セット」について発表しましたところ、
大反響をいただきまして、ありがとうございます!

日本橋の老舗、榮太樓総本舗さんとの夢のコラボが実現しました!
榮太樓飴といえば、みなさまもご存じ、江戸の味を今に伝える
古くから愛されてきた飴でございます。

江戸の庶民には高価だった有平糖(あるへいとう)をもっと気軽に...
と、創意工夫から生まれた梅ぼ志飴。
まだ固まりきらない紅着色の飴を鋏で切り、
指でつまんだ三角の形が梅干しに似ていると、
洒落好きの江戸っ子たちが「梅ぼ志飴」と名付けました。
(榮太樓総本舗さんのHPより)

しかも今回はそんな「梅ぼ志飴」と
「黒飴」とを二個セットでプレゼント
しちゃいます!
そしてそして、奉公人のおきみさんがデザインいたしました、
下のような素敵な専用箱にいれてお届け〜。


奉公人の特権で、一足先に飴をお味見させていただいたおしまは、
そのやさしい甘みに、疲れた癒えていくのを感じました。
みなさまにもぜひお届けしたいので、
どしどしご応募くださいませ!
詳しくは『なりたい』の帯をご覧ください。
火事で焼けてしまった旧長崎屋と新しく完成した長崎屋を大公開! 謎につつまれていた2階の様子も見れます。
パソコンやケータイ、iPhone/iPad用の壁紙や幻の傑作イラストをプリントして塗り絵としてもを楽しめます。
畠中恵さんの対談やインタビューなどを読むことができます。しゃばけシリーズの立ち読みや書評もご覧頂けます。
しゃばけシリーズの刊行情報やイベント情報、オリジナルグッズ、そして公式サイトの特典情報などをお知らせするメールマガジンです。

しゃばけメールマガジンを購読する
新潮社で刊行される畠中恵さんの新刊情報をいち早くお知らせします。

新刊お知らせメールに登録する
鳴家たちがみなさまのお声を承ります。ご意見・ご感想をお待ちしております。

メッセージを送る