ホーム > 雑誌を探す > 雑誌詳細:週刊新潮 > 雑誌詳細:週刊新潮 2018年1月4・11日新年特大号

腹を割って全本音4時間!
「貴乃花」が本誌に激白! 最凶の横綱「白鵬」の正体

週刊新潮 2018年1月4・11日新年特大号

(木曜日発売)

特別定価420円(税込)

雑誌の仕様

発売日:2017/12/27

発売日 2017/12/27
JANコード 4910203120183
価格 特別定価420円(税込)

腹を割って全本音4時間!
「貴乃花」が本誌に激白! 最凶の横綱「白鵬」の正体
▼あの夜「日馬富士」はアイスピックを握りしめた!
▼白鵬が「貴乃花」を睨み返した巡業前の説教現場
▼白鵬側近からの連続電話に「貴ノ岩」が直感した「星の話」

「飲む打つ買う」は「春団治」譲り!?
「桂文枝」芸の肥やしは「最後の愛人」

特捜部は鉱脈を見つけたか 「欠陥スパコン」で血税100億円を分捕った!
「総理ベッタリ記者」の口癖は「安倍と麻生は今でも後ろ盾」

「米朝開戦」危機に「国連捜査官」が警告! 日本から物資流出!!
北朝鮮制裁が「骨抜き」の実態
古川勝久

出し抜けの「サラリーマン大増税」を嗤う人々

【特別読物】
厳寒の冬に泊まってみたい! 宰相たちが愛した「名湯」「隠れ宿」
温泉エッセイスト 山崎まゆみ
【ワイド】犬も歩けばドッグ・ファイト
(1)なぜか流行語大賞から外された「豊田真由子」父母が越年の嘆き
(2)破局した「ジャニーズ」タレントと「紅白共演」に心波立つ「有村架純」
(3)母は「東大」に行かせたい「藤井聡太」高校中退への棋譜
(4)「岡田准一」「宮崎あおい」結婚でどうなる「宮沢りえ」「森田剛」
(5)不倫の代償「今井絵理子」の「ハシケン」は自宅も車も手放した
(6)2018年春「都知事選」急浮上で「小池百合子」の政治生命
(7)大混乱! 初詣25万人でも「徳川慶喜の曾孫」宮司に「靖国神社」神々の黄昏
(8)自虐ネタに拍手喝采という「中森明菜」ディナーショーに行ってみた
(9)「呼吸器外し殺人」元看護助手を自白させた「色恋営業」の取調べ室
(10)大人気「ひふみん」はどうして前歯がないのか
(11)退去者ゼロに入居希望者もいる「座間9人殺し」アパートが人気のワケ
(12)「野際陽子」一人娘が語った母のスパルタと父「千葉真一」の十字架
(13)2000万円ベンツのアクセル全開でもメダルはブレーキ「高梨沙羅」
(14)「米倉涼子」が卒業したい「ドクターX」の「シーズンX」問題
(15)婦唱夫随に地元から「絶縁状」という「金子恵美」はどこへゆく
(16)理由は9万年前の「阿蘇大噴火」!? 原発を止めた裁判官の脳内宇宙
(17)「歓迎式典」チケットは売り切れても開幕は危うい「清宮ハム」の賞味期限
(18)「経産省」「日経新聞」はなぜ経歴詐称「内閣府参与」を持ち上げたか
(19)「皇室慶事」目白押しで期限が迫る「麻原彰晃」死刑執行Xデー

【独占手記】「栗山監督」が初めて明かした!
「大谷翔平」謎に包まれた「趣味」「彼女」「クリスマスの夜」

【豪華対談】『遺言。』『新しき力』刊行記念!
「まだ言い残したことがあって……」「最後の作品を書き上げた。いつ死んでもいいや」
2人合わせて160歳! 養老孟司vs.塩野七生 私たちの「物書き人生」最終章

驚愕の警告
放置すれば腸に穴が開く! 検査で発見・除去できる!!
「大腸のカビ」が「がん」「認知症」の原因だった
歯科医師 ファストロ滋子
■■■ コラム ■■■
日本ルネッサンス/櫻井よしこ
変見自在/高山正之
TVふうーん録/吉田 潮
十字路が見える/北方謙三
この連載はミスリードです/中川淳一郎
生き抜くヒント!/五木寛之
だんだん壇味/壇 蜜
スジ論 わたしのルールブック/坂上 忍
国際問題 鳥の目 虫の目 魚の目/宮家邦彦
冒険ゴルフ/倉本昌弘
週刊「山猫」ツメ研ぎ通信/三浦瑠麗
科学探偵タケウチに訊く!/竹内 薫
誰の味方でもありません/古市憲寿
還暦も文化/石田純一
寝言は寝て言え!/KAZUYA
医の中の蛙/里見清一
この素晴らしき世界/東野幸治
気になる一手/渡辺 明・吉原由香里
私の週間食卓日記/市川猿弥
管見妄語/藤原正彦
週刊鳥頭ニュース/佐藤 優・西原理恵子

■■■ テンポ ■■■
マイオンリー山本みどり「江戸文化歴史検定」
読む 見る 聴く【年末年始お薦めガイド】
私が選んだ「ベスト5」Book Selection
 川本三郎/中江有里/大森 望/縄田一男
BD/DVD Selection ●Special Guide プレゼント付き
New Year's CINEMA 折り紙つき
 白井佳夫/北川れい子/グレゴリー・スター/坂上みき
テレビジョン 冬休み 番組スペシャル 年末年始テレビ番組表

▼オリンピック・トリビア!(吹浦忠正) ▼文殊のストレッチ
▼掲示板 ▼新々句歌歳時記(嵐山光三郎・俵 万智)
▼東京情報 ▼結婚 ▼墓碑銘

■■■ 小 説 ■■■
染着/貴志祐介
血の雫/相場英雄
欺す衆生/月村了衛

黒い報告書/岩井志麻子

■■■ グラビア ■■■
・野生動物こっけい生態図鑑【短期集中連載】
・続・蒼穹から名建築
・優越感具現化カタログ
・コウケンテツの日々是好食

この号の中吊り

最新号PICK UP

腹を割って全本音4時間!
「貴乃花」が本誌に激白! 最凶の横綱「白鵬」の正体

沈黙を貫いてきた貴乃花親方(45)がついに語った。本誌の直撃に対して心情を吐露したのだが、そんな親方が有力タニマチに明かしたのは、最凶の横綱白鵬(32)の恥部である。2017年の初場所「屈辱の敗北」前日夜、白鵬側近は貴ノ岩に執拗に電話していた――。

「飲む打つ買う」は「春団治」譲り!?
「桂文枝」芸の肥やしは「最後の愛人」

「将来は一緒に住んで俺の介護をしてほしいんや」。そんな男の言葉を、女はつい本気にしてしまった。だが、所詮“女遊びは芸の肥やし”とばかりに、身体を弄ばれただけだったのか。「最後の愛人」が明かす関西落語界の大御所・桂文枝師匠(74)との愛憎8年間――。

【豪華対談】『遺言。』『新しき力』刊行記念
「まだ言い残したことがあって……」「最後の作品を書き上げた。いつ死んでもいいや」
2人合わせて160歳!

養老孟司vs.塩野七生 私たちの「物書き人生」最終章

養老孟司さんと塩野七生さんは、共に御年80の「同級生」である。旧知の仲でもあるそのお二人が、相次いで新著を出版。これを機に、作品について、またそれぞれの「来し方」についてざっくばらんに語り合った。二人の叡智が示した、「物書き人生」の最終章とは。

出し抜けの「サラリーマン大増税」を嗤う人々

先ごろ、2018年度税制改正の大綱が閣議決定された。年収850万円超で増税となり、たばこ税も8年ぶりに引き上げ。取れるところからかき集めようとの狙いは見え見えで、もはや嗤うしかないのだが、非課税に守られた「宗教法人」もまた笑いが止まらない。

驚愕の警告
放置すれば腸に穴が開く! 検査で発見・除去できる!!

「大腸のカビ」が「がん」「認知症」の原因だった
歯科医師 ファストロ滋子

腸が見直されている。単なる消化器官にとどまらない最大の免疫器官で、脳にも影響をおよぼし、腸内環境が悪いと老化にも直結する――。ところが、そんな腸にカビが繁殖するという、しかも放置すればそこから穴が開き、毒素が漏れてしまうというのである。

バックナンバー

雑誌バックナンバーの販売は「発売号」と「その前の号」のみとなります。ご了承ください。

雑誌から生まれた本

週刊新潮とは?

〈「週刊新潮」は週刊誌というより、ほとんど人である。辻に立って、夜な夜な紳士貴顕を斬る百六十ページの眠狂四郎である。ときどき魔剣ないし凶刃になることもあるが、円月殺法の切り口が見事である。シバレンではないが、創刊五十年ようやく「剣鬼」の風格も出てきた〉

「週刊新潮」は1956年(昭和31年)2月に、出版社が出す初めての週刊誌として創刊されました。
 それから半世紀後の2006年(平成16年)、「週刊新潮」は創刊50周年を迎え、その記念企画「週刊新潮と私」に、作家の徳岡孝夫氏が寄せられのが上記の文章です。
 50年という長い時を経ても、「週刊新潮」の編集方針は、創刊当時から全くと言って良いほど変わっていません。
 何より、文芸出版社から発行される週刊誌として、常に「人間という存在」を強く意識した記事作りをしています。それはまさに「殺人事件を文学としてとらえる」ことでもあります。偽善を嫌い、人間の本質に切り込む姿勢は、時に「世の中を斜めからシニカルに見ている」と評されることもあります。
 また、皇室、学界、右翼、左翼、宗教団体、暴力団、日教組、動労……時代により、その対象は変わりますが、あらゆる“タブー”に挑む姿勢も一貫しています。
 最近では、「加害者の方が、被害者より手厚く保護されている」という少年犯罪の不可解な“タブー”を問題にし、少年法が改正されるに至っています。
 世の中が左に振れても右に振れても、「週刊新潮」は常に変わらぬ主張を堅持し、その一貫した姿勢が読者に支持されてきました。今後もマスコミ界の「剣鬼」として、「魔剣や凶刃」に磨きをかけていきたいと思っています。