新潮文庫百年 特別書き下ろし 佐伯泰英『光圀―古着屋総兵衛 初傳―』
古着屋総兵衛影始末・新・古着屋総兵衛 両シリーズにまたがるエピソード零!
両シリーズへ導く一冊。本書『光圀』から、壮大な「古着屋総兵衛」の世界へ!


初代鳶沢成元と家康の密約により、鳶沢一族は古着卸の商いの権利を許される一方で、影の旗本として徳川家加護の使命を負った。以来五代八十年にわたって、古着問屋としての商いの拡大と数々の影働きをこなしてきた。そして、五代目総兵衛の息子勝頼が登場する。後に鳶沢一族中興の祖と称される六代目となる男である。

五代目総兵衛は旧知の水戸光圀の招きにより、水戸藩自慢の巨船快風丸の見物に、十五歳の息子勝頼をともなって那珂湊にやってきた。
勝頼は快風丸を一瞥し、光圀に「無駄なもので飾り立てた船」と言い放った。
光圀の激怒は尋常ならざるありさまで……。少年勝頼はこの窮地をどう収める?

天下の悪法「生類憐みの令」、我が子可愛いやの歪んだ将軍継承方針等、光圀は徳川五代将軍綱吉の大義なき政治に度々諫言してきた。人倫の大道は光圀にある。しかし、鳶沢一族は、徳川将軍家加護が宿命づけられた一族。六代目を継承した若き総帥鳶沢勝頼は苦悩する。大義か忠節か――。


■特別プレゼント
新潮文庫百年にあたるこの1年のために特別に書き下ろされた本書『古着屋総兵衛 初傳 光圀』刊行を記念して、抽選で100名様に、「特製双鳶(ふたつとび)扇子」をプレゼントいたします。

●応募方法
ハガキに『光圀 古着屋総兵衛 初傳』の帯に付した応募マークを貼り、郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号をお書きの上、下記宛先までお送り下さい。抽選で100名様に「特製 双鳶扇子」をプレゼントいたします。当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
●宛先
〒162-8711
東京都新宿区矢来町71
新潮文庫編集部「光圀プレゼント係」
●締切
2015年5月31日(当日消印有効)


対立が激化する綱吉と光圀。裏にはある僧の影が……。新潮文庫百年特別書き下ろし作品。
光圀―古着屋総兵衛 初傳―

ISBN:978-4-10-138034-6/整理番号:さ-73-0/発売日/2015/04/01
724円 

購入



総兵衛は稀代の絵師喜多川歌麿が極秘裏に描く禁制に触れる一枚絵を追うのだが……。
たそがれ歌麿―新・古着屋総兵衛 第九巻―

ISBN:978-4-10-138054-4/整理番号:さ-73-20/発売日:2014/12/01
724円 

購入




帰還―古着屋総兵衛影始末 第十一巻―
ISBN:978-4-10-138045-2/整理番号:さ-73-11/発売日:2011/09/01
767円 

購入



佐伯泰英 児玉清[特別対談]
佐伯泰英「新・古着屋総兵衛」シリーズ あらすじ/人物紹介
佐伯泰英「古着屋総兵衛影始末」シリーズ あらすじ/人物紹介
佐伯泰英 略年譜
大黒屋 矢来町支店~担当編集者ブログ~

佐伯泰英 ウェブサイト

ページの先頭へ戻る