「私ねえ、欲望の愛弟子なの」。4人の少年少女たちの、生と性の輝き。そして、いつもそこにある、かすかな死の影。山田詠美の新たなる代表作。
東京から引っ越してきた仁美、リーダー格の心太、食いしん坊な無量、眠るのが生き甲斐の千穂。四人は、友情とも恋愛ともつかない、特別な絆で結ばれていた。やがて思春期を迎える彼らの、生と性の輝き。そして、いつもそこにある、かすかな死の影。高度成長期の海辺の街を舞台に、彼らが過ごしたかけがえのない時間を、この上なく官能的な言葉で紡ぎ出す、かつての少年少女のための成長小説。

発行形態 : 書籍 ISBN : 978-4-10-366813-8
発売日 : 2009/06/30
1,620円(定価)

購入

プロフィール
山田詠美(ヤマダ・エイミ)

1959(昭和34)年、東京生れ。明治大学文学部中退。1985年『ベッドタイムアイズ』で文藝賞受賞。同作品は芥川賞候補にもなり、衝撃的なデビューを飾る。1987年には『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で直木賞受賞。さらに、1989(平成元)年『風葬の教室』で平林たい子文学賞、1991年『トラッシュ』で女流文学賞、1996年『アニマル・ロジック』で泉鏡花文学賞、2000年『A2Z』で読売文学賞、2005年『風味絶佳』で谷崎潤一郎賞を受賞する。他の著書に『ぼくは勉強ができない』『PAY DAY!!!』『アンコ椿は熱血ポンちゃん』『無銭優雅』等多数。現代を代表する人気作家である。


ページの先頭へ戻る