ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:奥田英朗

奥田英朗

オクダ・ヒデオ

著者プロフィール

1959(昭和34)年、岐阜県生れ。プランナー、コピーライター、構成作家などを経験したのちに、1997(平成9)年『ウランバーナの森』で作家としてデビュー。2002年『邪魔』で大藪春彦賞を、2004年『空中ブランコ』で直木賞を受賞する。2007年『家日和』で柴田錬三郎賞を、2009年『オリンピックの身代金』で吉川英治文学賞を受賞した。『最悪』『マドンナ』『イン・ザ・プール』『東京物語』『サウスバウンド』『ララピポ』『沈黙の町で』『ナオミとカナコ』など著書多数。『延長戦に入りました』『野球の国』『泳いで帰れ』『港町食堂』などのエッセイでも人気を博す。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

奥田英朗
登録する

書籍一覧

奥田英朗が紹介した本