ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:小泉武夫

小泉武夫

コイズミ・タケオ

著者プロフィール

1943年福島県の酒造家に生まれる。東京農業大学名誉教授。農学博士。専門は発酵学、醸造学、食文化論。特定非営利活動法人発酵文化推進機構理事長。現在、鹿児島大学、琉球大学、別府大学、広島大学大学院の客員教授を務めるかたわら、全国地産地消推進協議会会長(農水省)など、各地の農政アドバイザーとして食に関わるさまざまな活動を展開し、和食の魅力を広く伝えている。また辺境を旅し、世界中の珍味、奇食に挑戦する「食の冒険家」でもある。著書に『不味い!』『発酵は錬金術である』『絶倫食』『猟師の肉は腐らない』(以上、新潮社)、『食あれば楽あり』(日本経済新聞社)、『夕焼け小焼けで陽が昇る』(講談社文庫)など単著で140冊を数える。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

小泉武夫
登録する

書籍一覧

小泉武夫が紹介した本