ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:小林秀雄

小林秀雄

コバヤシ・ヒデオ

著者プロフィール

(1902-1983)東京生れ。東京帝大仏文科卒。1929(昭和4)年、「様々なる意匠」が「改造」誌の懸賞評論二席入選。以後、「アシルと亀の子」はじめ、独創的な批評活動に入り、『私小説論』『ドストエフスキイの生活』等を刊行。戦中は「無常という事」以下、古典に関する随想を手がけ、終戦の翌年「モオツァルト」を発表。1967年、文化勲章受章。連載11年に及ぶ晩年の大作『本居宣長』(1977年刊)で日本文学大賞受賞。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

小林秀雄
登録する

書籍一覧