ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:白洲正子

白洲正子

シラス・マサコ

著者プロフィール

(1910-1998)1910年東京生まれ。幼い頃より能を学び、14歳で女性として初めて能輝台に立ち、米国留学へ。1928年帰国、翌年白洲次郎(1902〜1985)と結婚。古典文学、工芸、骨董、自然などについて随筆を執筆。『能面』『かくれ里』『日本のたくみ』『西行』など著書多数。1998年没。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

白洲正子
登録する

書籍一覧