ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:高見浩

高見浩

タカミ・ヒロシ

著者プロフィール

1941年、東京生まれ。出版社勤務を経て翻訳家に。主な訳書に『羊たちの沈黙』『ハンニバル』『ホット・ゾーン』『ヘミングウェイ全短編』『日はまた昇る』『武器よさらば』『サラの鍵』『父と息子のフィルム・クラブ』『ヘミングウェイの妻』『思い出のマーニー』など。著書に『ヘミングウェイの源流を求めて』がある。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

高見浩
登録する

書籍一覧

高見浩が紹介した本