ホーム > 著者一覧 > 著者ページ:タン・ロミ

タン・ロミ

タン・ロミ

著者プロフィール

ノンフィクション作家。東京生まれ。本籍中国広東省高明県。慶應義塾大学文学部卒業。慶應義塾大学講師、中国広東省中山大学講師などを経て執筆に専念。『中国共産党を作った13人』『新華僑老華僑』『阿片の中国史』『中国共産党 葬られた歴史』『中華料理四千年』など著書多数。著者の父は、革命運動に参加し、日本へ亡命して早稲田大学に留学。帰国後は国民政府外交部に任官した後、日本に駐在。母方の祖父は日本陸軍中将で、インパール作戦の撤退を指揮した。大伯父の譚平山は中国共産党の創設者のひとりで、中華人民共和国の誕生時には、毛沢東とともに天安門の壇上に立った。『日中百年の群像 革命いまだ成らず』は、百年に及ぶ日本と中国の相克の歴史が自身の血に流れている氏にしか書けない物語である。

新刊お知らせメール

お気に入りの著者の新刊情報を、いち早くお知らせします!

タン・ロミ
登録する

書籍一覧

タン・ロミが紹介した本